Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北口榛花が世界やり投げ選手権で日本銅メダルを獲得

北口榛花は金曜日の世界陸上競技選手権の女子やり投げで銅メダルを獲得し、世界またはオリンピックの投球イベントで日本人女性として初めてメダルを獲得しました。

この24歳の選手は、オレゴンで開催中のチャンピオンシップでの日本の3回目のメダルの決勝で63.27メートルを投げました。 村上幸史は、2009年のワールドゲームズの男子イベントで銅メダルを獲得したとき、日本で最後のやり投げメダリストでした。

北口榛花は、2022年7月22日にオレゴン州ユージーンで開催された世界陸上競技選手権で女子やり投げ銅メダルを獲得した後、日本の国旗で祝います。 (池の写真)(京都)

オーストラリアのケルシーリーバーバーは66.91ポイントで金メダルを獲得し、米国のカラウィンガーは64.05ポイントで2位になりました。

北口は決勝戦の最初の6回の試みで62.07のスローで前進するのに苦労しましたが、表彰台での地位を確保するために5位から前進することで最後までベストを尽くしました。

北口氏はメダルを獲得できてうれしいと語った。 「(しかし)それは目標ではない。私はここから金を目指すために最善を尽くすつもりだ。」

日本の北口榛花は、2022年7月22日にオレゴン州ユージーンで開催された世界陸上競技選手権の女子やり投げ決勝で3位になりました。 (池の写真)(京都)

北海道出身の彼は2015年に世界ユースチャンピオンになり、2019年には日本の記録を2回書き直しました。 彼は去年の夏の東京オリンピックで12位だった。

今シーズン、彼は6月のダイヤモンドリーグでのイベントで優勝した最初の日本人となり、これらの世界で予選リストのトップに立った。


関連する報道:

陸上競技:サニブラウンは、世界で100メートルの決勝に到達した最初の日本人になりました


READ  日本の10年債利回りは利上げに注意して等しい