Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北日本沖の氷に閉じ込められたシャチは無事に脱出したようだ。

北日本沖の氷に閉じ込められたシャチは無事に脱出したようだ。

北海道本土北部の氷に閉じ込められたシャチが無事に脱出し、環境保護団体の懸念を引き起こしていると日本の当局者が発表した。

シャチとしても知られるこのシャチは、火曜日の朝、北海道北東海岸にある近くの羅臼町で当局の捜索を受けて地元の漁師らによって発見された。

市当局が火曜日遅くに海岸を訪れたところ、約12頭のクジラが沖合約1キロの流氷に囲まれた小さな切れ目で上下に揺れているのを発見した。

保護チームが撮影したドローン映像を確認した後、当局はそこにいたシャチの数を13頭と数えた。

羅臼町の白柳正隆氏によると、警察官らが火曜夜に海岸に戻ったところ、カイが北に移動しているのを発見し、水曜日の朝に再び戻った時には姿を消していたという。

当局者らは、シャチ間の間隔が広がったことでシャチが氷から抜け出すことができたと考えている。

白柳さんは「彼らが無事に逃げられたことを願っている」と語った。

保護チームが飛行させたドローンで撮影したこの映像は、NHK全国テレビやソーシャルメディアで放映され、国内外でクジラの状況に対する懸念を引き起こし、日本政府への援助を求めた。 あるグループは、彼らを解放するために砕氷船を動員するよう国防省に要請を提出した。

座礁したクジラは日本の海域にあるが、日本とロシアが領有権を争っている島からそれほど遠くない。 日本は水曜日、ロシアが支配する島々の返還要求を改めて求めるため、毎年恒例の北方領土の日を迎えた。

第二次世界大戦末期に旧ソ連が日本から奪取した島々を巡る紛争により、両国は正式に敵対関係を終わらせる平和条約に署名することができなかった。 ロシア政府は、ロシアのウクライナ侵攻を受けた日本の制裁を巡る日本政府との協議を終了すると発表した。

林芳正官房長官は水曜日、記者団に対し、シャチは日本では絶滅危惧種に指定されておらず、この問題について日本とロシアが意思疎通を図りながら当局が状況を監視していると述べた。

READ  ロースタースナック2400無料資格