Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮、日本との協議拒否、首脳会談も拒否=朝鮮中央通信

北朝鮮、日本との協議拒否、首脳会談も拒否=朝鮮中央通信

国営メディアは、北朝鮮が火曜日、日本との接触や協議を排除し、金正恩朝鮮労働党委員長と日本の岸田文雄首相との首脳会談について懸念していないと報じた。

北朝鮮指導者の妹、金与正氏は、日本政府が北朝鮮工作員に拉致された日本人の返還要求を拒否した翌日、国営朝鮮中央通信が掲載した声明で北朝鮮の立場を明確にした。 1970年代と1980年代。

朝鮮労働党高官であるシスター氏は、拉致問題に言及し、日本が「決して解決できない達成不可能な問題にしがみついている」と批判した。

資料写真には、2022年8月に平壌での会議に出席する金与正朝鮮労働党中央委員会副部長が写っている。 (KNS/共同)

日本政府の最高報道官である林芳正官房長官は月曜日、この立場は「全く容認できない」と述べた。

金与正氏は月曜日の声明で、岸田氏が金正恩氏に「すぐに」会談したいとの希望を表明したことを明らかにした。

岸田氏は火曜日夜、記者団に対し、金与正氏の最新の発言について問われ、日本は北朝鮮に関連する様々な問題に対処するため「努力を続ける」と述べたが、金与正氏のすべての発言に反応することは差し控えると述べた。

KCNAによると、金与正氏は2月、日本が国民拉致を抑止力にしないなら岸田氏の平壌訪問は可能だと述べた。 東京都は日本人拉致被害者計17名を公式にリストアップした。

同氏は火曜日、日本が「最初にドアをノックし」、「前提条件なしで」二国間首脳会談を要求したと述べた。 北朝鮮は、東京が「過去に囚われず、新たなスタートを切る準備ができている」のであれば歓迎するという立場を明確にした。

北朝鮮は「日本の態度を改めて明確に理解」し、「注意を払わない」と結論付け、首脳会談は「懸念事項ではない」と付け加えた。

シスター氏は、密輸問題に加えて北朝鮮の核・ミサイル開発計画にも取り組もうとする日本の政策は、北朝鮮の「正当な自衛」に属する「主権の行使に干渉し、問題を提起する」試みであると述べた。

岸田内閣の支持率低下に言及し、首相による金正恩氏との会談の申し出は「政治的動機」とみなされるべきだと述べ、二国間関係が日本の指導者による「政治的計算」に利用されるべきではないと強調した。

日本と北朝鮮には正式な国交がない。 2002年、日本の小泉純一郎首相が平壌で北朝鮮の指導者金正日氏と会談し、両国初の首脳会談が行われた後、5人の拉致被害者が日本に帰国した。


関連報道:

日本の岸田首相、北朝鮮の金氏と会談する意向表明:KCNA


READ  呪術廻戦と進撃の巨人がアニメジャパンのビッグパネルを発表