Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮、日本に11月22日から12月1日まで衛星打ち上げ計画を通告

北朝鮮、日本に11月22日から12月1日まで衛星打ち上げ計画を通告

東京(ロイター) – 日本の海上保安庁は火曜日、北朝鮮が11月22日から12月1日の間に黄海と東シナ海に向けて人工衛星を搭載したロケットを発射する予定であると日本に通告したと発表した。

実現すれば、核保有国による今年3回目の偵察衛星打ち上げの試みとなる可能性が高い。

この通告は日本の岸田文雄首相から直ちに非難を呼び、岸田首相はイージス艦やPAC-3防空ミサイルを含む我が国の防衛システムは「不測の事態」が生じた場合の備えが整っていると述べた。

岸田氏は記者団に対し、「たとえ目的が人工衛星の打ち上げであっても、弾道ミサイル技術の使用は一連の国連安全保障理事会決議への違反だ」と述べた。

「国家安全保障に大きな影響を与える問題でもある。」

岸田氏は、日本は米国や韓国などと連携し「北朝鮮に対しミサイル発射を強行しないよう強く求める」と述べた。

北朝鮮は今年初めに2回、偵察衛星と称する衛星の打ち上げを試みたが失敗し、韓国当局者はここ数日、近いうちに再挑戦する用意があるようだと述べた。

この秘密国家は、これらの海域におけるIMOの調整機関である日本にその計画を3回通知した。

この打ち上げは、北朝鮮の指導者金正恩氏が9月に異例の海外訪問をし、ウラジーミル・プーチン大統領が北朝鮮の人工衛星建設を支援すると約束したロシアの最新宇宙発射センターを視察して以来初めてとなる。

北朝鮮の通告は、月曜日に米国が日本と韓国に数百発のミサイルを売却する可能性を非難した後にも出され、これは地域の緊張を高め、新たな軍拡競争をもたらす危険な行為であるとして非難された。

朝鮮中央通信が伝えたこの声明の中で、北朝鮮国防省は、北朝鮮は抑止措置を強化し、米国とその同盟国が引き起こしたとされる地域の不安定に対応すると述べた。

韓国国防省は営業時間前にコメントを求める電話にすぐには応じなかった。 北朝鮮は国営メディアでこの計画について公式発表していない。

北朝鮮は軍事偵察衛星を軌道に乗せることを目指しており、米軍と韓国軍の動きを監視するための衛星艦隊を創設する計画だと述べた。

北朝鮮は、いわゆる「監視」衛星の打ち上げを複数回試みており、2016年の1機を含む2機が軌道に到達することに成功したようだが、韓国当局は衛星が何らかの信号を送っているかどうか疑問視している。

北朝鮮は宇宙・軍事ミサイル計画を主権的権利とみなしており、アナリストは兵器の有効性を高めるために偵察衛星が必要だと主張している。

打ち上げが実施されれば、11月30日にスペースX社のファルコン9ロケットで米軍ヴァンデンバーグ基地から米国支援による初の偵察衛星を打ち上げるという韓国の計画よりも前に行われる可能性が高い。

(東京ではチャンラン・キム、ソウルではジャック・キムが報告、アラブ報道機関向けにムハンマドが準備) 編集:クリスティーナ・フィンチャー、デヴィッド・グレゴリオ、サンドラ・マーラー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  中国、日本、インドの経済は「外国人排斥」によって妨げられる:バイデン氏