Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮で誘拐された兄弟の横田は、犠牲者の親戚のグループを率いる

数十年前の北朝鮮による日本人誘拐の象徴的人物である横田めぐみの弟は、土曜日に犠牲者の家族を代表するグループの長を引き継ぎ、高齢の指導者に取って代わった。

「誘拐問題の解決に向けて声を上げていきます」と、東京で開催された国際シンポジウムで、誘拐犯の親戚が年をとるにつれて問題の進展がますます緊急になっていることから、横田拓也さん(53)は語った。

グループの事務局長を務めた横田は、田口弥子の兄である83歳の泉重雄に代わった。 イズカは近年体調が悪く、息子によれば現在入院中です。

1977年12月11日に東京で開催された日本の拉致被害者に関する国際シンポジウムで、1977年に13歳で北朝鮮に誘拐された横田めぐみの弟である横田拓也(舞台上)が講演しました。日本の誘拐犯の家族を代表するグループの長。 (工藤)==弓道

横田氏は、1970年代と1980年代に誘拐されたすべての人々の帰還を求めるために、国際社会と協力し続けることを約束しました。

誘拐問題を担当する松野博一内閣官房長官は、岸田文雄首相の政府が誘拐されたすべての人々を返還するためにあらゆる努力をすることをシンポジウムで保証した。

松野博一官房長官(C)は、北朝鮮に誘拐された日本人に関する国際シンポジウムに先立ち、2021年12月11日に東京の北海道教育大学の学生と会談する。 (池の絵)(工藤)==弓道

横田の妹めぐみは1977年に13歳で学校から帰る途中で北朝鮮に誘拐され、田口は1978年に22歳​​で誘拐された。

飯塚は2007年からグループを率いており、初代リーダーであった横田茂の父を引き継いでいる。 横田滋は2007年11月まで10年以上グループ社長を務めた後、健康上の理由で辞任した。2020年6月に87歳でめぐみに二度と会うことなく亡くなった。

飯塚首相は10月の岸田文雄との会談で、「首相の数え切れないほどの交代にもかかわらず、拉致問題が進展しなかったことは残念だ」と述べ、「決してあきらめない」と誓った。

平壌はこの問題は「すでに解決されている」と主張している。

1977年に13歳で北朝鮮に誘拐された横田めぐみの弟である横田拓也は、日本の拉致被害者の家族を代表するグループの長に任命された後、2021年12月11日に東京でマスコミに会う。 (工藤)==弓道

日本に帰国した5人のハイジャック犯の1人である菅仁美さん(62)は声明のなかで、若いリーダーが訴訟を起こさなければならないほど時間が経過したことに不満を感じていると述べた。

新事務総長に就任した田口幸一郎さん(44)は、「人命には限界がある。すべての問題が解決するまで待てない」と政府に早急に対応するよう求めた。


関連するカバレッジ:

北朝鮮に誘拐された日本人の親戚が岸田首相に問題解決を促す


日本政府は、17人の市民が北朝鮮のエージェントに誘拐されたと公式に述べており、平壌が他の日本人の失踪に関与しているのではないかと疑っている。

小泉純一郎首相が北朝鮮を訪問した後、2002年に菅を含む17人のうち5人が本国に送還された。 平壌は、めぐみを含む8人が死亡し、他の4人は一度も入国したことがないと主張している。

READ  インドを攻撃するのをやめなさい、日本はウイルスの広がりを抑えるためにムンバイの例を試みなければならない:アナンド・マヒンドラ