Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮に戻った二重逃亡者は南部で「経済的に苦しんだ」| 北朝鮮

脱北者を作った 大胆なカムバック 週末に帰国した彼は、1年ほど前に到着して以来、韓国で新しい生活を築くのに苦労していると伝えられています。

名前のない男は重武装した男を渡った 非武装地帯 [DMZ] 1950年から1953年の朝鮮戦争の終結以来、土曜日に南北を分断した。

報告によると、30代の亡命者は、南部で目的を達成するのに苦労した後、国境を越えて危険な旅をするように求められました。

北朝鮮に戻るという彼の決定は、多くの人が雇用差別に直面している南部で脱北者がどのように扱われるかについての疑問を提起しました。 教育 と住宅。

北朝鮮はその男について公にコメントしていない-約30人のうちの1人 ダブル暴走 過去10年間に南部から帰国したが、韓国軍から彼の脱出についてのメッセージを受け取ったことを認めた、とYonhap NewsAgencyは報じた。

韓国軍当局者は、掃除人だった男性が経済的困難を経験しているように見えることを確認した。 「彼は下層階級に分類され、ほとんど生計を立てていなかったと言える」と当局者は述べた。

当局者は、男が北朝鮮をスパイしていると信じる理由はないと述べ、地雷で汚染された国境の248 km(155マイル)に広がる有刺鉄線の柵をどのように交渉できたかについて調査を開始した。 監視カメラは数時間前に撮影されていましたが、24時間体制で軍隊がパトロールしています。

逃げた後 北朝鮮 国防総省の声明によると、2020年11月、男性は自分が元体操選手であることを確認し、有刺鉄線の柵を這って南に行くように捜査官に話しました。

国境を越えた問題を担当する韓国統一部の関係者は、男性が同じ東部を経由して南部に到着して以来、彼の個人的な安全、住居、医療、雇用のために政府から第三国定住支援を受けたと述べた。国。 DMZ。

聯合ニュースは、南に逃げる前日に持ち物を捨てるのが見られたと言った。

「彼はその朝、ゴミを出すためにマットレスと寝具を持ってきていました、そしてそれらがすべてとても新しいのでそれは奇妙でした」と隣人はYonhapに言いました。 「私は彼にそれを私たちに与えるように頼むことを考えました、しかし私たちはお互いに挨拶しなかったので、私はそうしませんでした。」

1990年代後半以降、33,000人以上の北朝鮮人が南部に逃亡し、その大多数は中国と東南アジアを経由して、政治的迫害、食糧不足、貧困から逃れてきました。

国会の議員のような人もいますが ジウ・サンホウ彼は裕福な民主党南部で大成功を収め、他の多くの人々は高給の仕事を見つけるのに苦労しました。

統一部のデータによると、脱北者の約56%が低所得に分類されており、約25%が最も低いカテゴリーに分類されており、基本的な生計支援の対象となり、一般人口の6倍になっています。

北朝鮮の人権データベースセンターとソウルのNK社会調査が先月発表した調査では、調査した407人の脱北者の約18%が北朝鮮に戻る意思があると述べており、彼らが去った国への郷愁を最も多く示している。 後ろ。

統一部の関係者は、「北部に残された家族への憧れや、第三国定住の際に生じる感情的および経済的困難など、複雑な一連の要因がある」と述べた。 「政府は、彼らが南部に定住するのを助けるために私たちの支援プログラムを改善するための努力を続けています。」

READ  オランダのユーロビジョンへの参入は、ブラック・ライヴズ・マターをマークしました。