Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮のエンジニアが日本企業向けのアプリを開発して不正に金儲けをした:警察

北朝鮮のエンジニアが日本企業向けのアプリを開発して不正に金儲けをした:警察





パトカーに赤いライトが点滅します。 (毎日)

横浜(京堂)-中国に拠点を置く北朝鮮のITエンジニアは、日本に住む韓国人の名前を使用しながら、日本企業向けのスマートフォンアプリを開発したことで報われた、と警察は水曜日に語った。

ITエンジニアに自分の名前の使用を許可した57歳の韓国人男性と、送金仲介者として働いていたエンジニアの75歳の女性親戚は、違反の疑いで水曜日に警察から検察に紹介されました。日本の銀行法。

米国や他の政府は、北朝鮮が海外で働くITスタッフを通じて外貨を稼いでいると警告している。 日本の警察は、情報技術技術者が北朝鮮にお金の一部を返す可能性を調査すると述べた。

横浜を拠点とする韓国人男性は、2019年6月に日本企業がアプリに支払った約191万円(15,000ドル)の手数料を差し引き、残りを女性の親戚の銀行口座に送金した疑いがある。

その後、ITエンジニアは、アカウントにリンクされたデビットカードを使用してCNYで資金を引き出すことができました。

東京在住のいとこは、ITエンジニアにカードを貸して犯罪に加担している疑いがある。 捜査官によると、両者は起訴に対して有罪を認めた。

警察によると、北朝鮮のITエンジニアは、韓国人男性の名前を使用して、顧客と自営業者をマッチングさせる日本のサービスに登録し、2019年6月までにいくつかのアプリを開発したとのことです。

彼らは、韓国人男性が出張で北朝鮮の首都平壌を訪問している間にITエンジニアに会ったと主張していると彼らは言った。

READ  Cambridge FinTechが340万ポンドの取引で日本のグローバル決済事業を買収