Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮は、日本の岸田文雄首相が金正恩氏との首脳会談を要請したと発表した。

北朝鮮は、日本の岸田文雄首相が金正恩氏との首脳会談を要請したと発表した。

岸田文雄氏、日朝関係を変えたいと発言

北朝鮮の指導者、金正恩氏の有力な妹は月曜日、東京の方針変更なしに会談は不可能だと述べ、兄とともに日本の岸田文雄首相との首脳会談を要求した。

金与正氏は国営朝鮮中央通信が伝えた声明で、「岸田氏は最近、できるだけ早く朝鮮民主主義人民共和国国務委員長と会談したいとの意向を表明した」と述べた。

両国の関係は、1910年から1945年までの日本の朝鮮半島の残忍な占領に対する賠償問題や、最近では北朝鮮による日本の領土へのミサイル発射によって長年悩まされてきた。

1970年代と1980年代に北朝鮮工作員による日本人拉致(日本語と習慣でスパイを訓練することを強制された)は長年の争点となっている。

岸田氏は東京と北朝鮮の関係を変えたいと述べており、昨年には「無条件で」北朝鮮指導者と会談したいと述べた。 誘拐。

先月、政権の主要報道官の一人である北朝鮮の金与正氏は、将来的に日本の指導者を北朝鮮訪問に招待する可能性を示唆した。

同氏は月曜日、「朝日関係において新たな憲章を制定するという日本の政治的決断は非常に重要だ」と述べた。

人身売買の問題

「もし日本が現在のように我が国の主権の行使を妨害しようとし、解決する方法も知る方法もないまま密輸問題にしっかりと関与することになれば、必然的に次のような首相の計画の評判に沿うことになるだろう」人気を集めることが目的以外の何物でもない」と彼は語った。

北朝鮮は2002年、1970年代と80年代に日本語や習慣を教えるスパイの訓練に使われた日本人13人を拉致するために工作員を派遣したことを認めた。

拉致は日本において依然として強力かつデリケートな問題であり、公式に認められている以上に多くの人が拉致されているのではないかという疑惑が根強く残っている。

アナリストらは長年、この問題をめぐる議論が岸田氏と金正恩氏の首脳会談に向けた障害になる可能性があると指摘してきた。

金与正氏は、岸田氏が「単に彼が望んでいる、あるいはそう決めているという理由だけで我々の指導者に会うことはできないことを知っているはずだ。さもなければ我々はそのような会談を認めるだろう」と述べた。

「日本が二国間関係を改善し、地域の平和と安定を保証する最も近い隣国になりたいと本当に望むなら、国益にかなう戦略的選択をする政治的勇気が必要だ」と述べた。

小泉純一郎元首相は在任中の2002年に平壌を画期的に訪問し、金氏の父である金正日氏と会談し、日本の経済援助を含む国交正常化への道を開いた。

この訪問は日本人5人の帰国と小泉首相のフォローアップ訪問につながったが、北朝鮮が拉致被害者について明らかにしていないという日本政府の懸念もあり、外交はすぐに決裂した。

(見出しを除いて、この記事は NDTV スタッフによって編集されておらず、シンジケート フィードから公開されました。)

READ  独占:日本の楽天は約22億ドルの資金を調達するために新株発行を計画している