Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮対日本との親善試合が奇妙な理由で中止になったため、前田大仙がセルティックから早期復帰へ

北朝鮮対日本との親善試合が奇妙な理由で中止になったため、前田大仙がセルティックから早期復帰へ

前田大仙は代表任務から早期にセルティックに復帰する予定だ。

サムライブルーは火曜日に平壌で行われる物議を醸す親善試合で北朝鮮と対戦する予定だった。 両者は木曜日に東京で対戦し、前田は90分間フル出場し、1-0で勝利した。 しかし、ここ数カ月間、日本での溶連菌感染症の増加を理由に北朝鮮当局が平壌でのリターンマッチは開催できないと警告したため、北朝鮮の首都でのリターンマッチは現在保留されている。

試合は中立会場で行うことが推奨された。 しかし、その計画は現在検討の対象外となり、メダは予定より早くグラスゴーに戻ることになる。 これはブレンダン・ロジャースにとって朗報で、3月31日のリビングストン戦、そして来週末のレンジャーズとのタイトル争いに間に合うように復帰する予定だ。

AFCレポート急襲:「3月26日に予定されていた朝鮮民主主義人民共和国対日本の試合は、予期せぬ事態により予定通りに開催されません。」

JFAの田嶋幸三会長は「あまりに突然のことで、すぐにはイエスとは言えないと伝えた。(返答には)少なくとも2、3日かかるだろう、難しいと伝えた」と話した。

READ  キッコーマンのインドでの成長、カールスバーグ・マレーシアとアサヒの提携終了、アサヒの新しい調達部門、弁当文化など