Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北極圏のサーキュラースピリッツが日本に上陸

東京のビジネス街、ジンジャにポップアップが表示され、この冬に北極圏で彫刻されたスピリッツにスポットライトが当てられます。

ユニークな商品を日本市場に投入する取り組みの一環として、飲料輸入業者のキングスバレルは、東京の歴史的なビジネス地区である神座に、10月から北極圏製のスピリッツを販売する新しいポップアップをオープンします。

今月1日から12月26日までオープンするこの店は、北極圏で北極圏の蒸留所であるオーロラスピリットによって蒸留された蒸留酒で構成されています。

日本の小売市場では比較的新しい製品であるアクアビットが大きな注目を集め、地元の消費者の間でより大きな関心と認識を得るでしょう。 さまざまなアクアビタが北極のウイスキーやジン、北極のハーブリキュールと並んで座っています。

オーロラスピリットは、ノルウェーの北極圏の森、リンカーンアルプスの下、北極圏の約1000km上にあります。 ウォッカ、ガスク熟成ジン、シングルモルトウイスキー、アクアビットを製造しており、新しいポップアップで提供される主要なブランドの1つになります。

蒸留所は、訪問者と飲酒者にバイキングのルーツへの洞察を提供し、その取引で「オーロラ」を意味する単純な単語「ビブロスト」を使用しています。 天と地の間の魔法の架け橋と考えられていたこの地域の祖先は、ダンスランタンを男性の故郷から神の王国オスカーへの魔法の道であると考えていました。

神座は東京で最も人気のあるショッピング地区であり、日本で最も高価な不動産があり、1,000万平方メートル以上の土地があります。 キングスは、バレルポップアップ朝鮮人参がP2Fの2階にあるシックスデパートにオープンし、飲料の知識を広げ、何か他のことを試したいと思っている頭上の買い物客をターゲットにすることを望んでいます。

READ  サッカー:ヨーロッパを拠点とするミャンマーワールドカップ予選のチーム名は日本