Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北海道アイスパビリオンでは、日本の夏の暑さが続く中、訪問者は-41 Cを体験できます

北海道上川市 — 日本の北部にあるこの都市のアトラクションは、今年の夏、摂氏マイナス 41 度という低い気温で涼むために観光客を引き寄せています。

北海道アイスパビリオンのほとんどの場所はマイナス20度に保たれており、暖かいコートを着た観光客は、施設の外側と内側の40度以上の温度差に身震いするほどです。

上川市は旭川市の隣にあり、1902 年にマイナス 41 度という日本で最も低い外気温を記録しました。 パビリオンには、スリリングな雪の滑り台やマイナス41℃を楽しめる部屋があります。 真夏に北海道の冬を感じるはずです。

料金は中学生以上1,100円、小学生650円、3歳以上200円。 お問い合わせは館01658-2-2233まで。

【貝塚太一】





写真: 真夏の北海道アイスパビリオン

READ  悪い場所での新日本からの最高のショー