Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

千のデジタル目が高齢者を監視し続ける場所

伊丹、日本— 70年代初頭、内田好治は姿を消し始めました。

初めて、警察は彼が自宅から17マイル離れた自動販売機の前に座っているのを発見しました。 彼は定期的に行方不明になり始め、2日間さまよった後、見知らぬ人のアパートに現れ、空腹で彼の名前をほとんど思い出せず、認知症で頭が曇った。

彼の家族は何をすべきか途方に暮れて、地方自治体に氏を置くように頼んだ。 デジタル監視下の内田。

大阪郊外の板見さん。 内田さんの家族は1,000台以上のセンサーが通りに並んでおり、各ユニットにはWi-Fiの波線で囲まれた笑顔の漫画のフィギュアが飾られています。 氏が内田は歩き出し、システムは財布に隠されたビーコンを通して彼の位置を記録し、彼の家族に警告の安定した流れを送りました。 彼がコースを外れたとき、家族は彼を簡単に見つけることができました。

伊丹は、世界で最も灰色の多い国である日本が認知症の流行に直面しているため、電子追跡に目を向けているいくつかの地域の1つです。 これらのプログラムは、認知機能が低下している人々を保護すると同時に、ある程度の独立性を維持することを約束しますが、オーウェルの行き過ぎに対する恐れも呼び起こしました。

日本の監視努力は、人口が急速に高齢化するにつれて、世界中の国々が直面している難問を予感させます。これは、長寿の人々の莫大な医療費と、家族や他の愛する人の社会的費用をどのように管理するかです。

日本政府は、この任務を国の将来の安定にとって重要であると考えており、教育、医療、さらには板見のようにインフラストラクチャーを含む社会のほぼすべての側面への根本的な変化を想定しています。

監視システムには、この適応のより極端な例の1つがあります。 認知症の人たちの擁護者たちは、認知症の人たちを含め、デジタル追跡について深刻な懸念を表明し、監視による利便性と安心感が、提供される尊厳と監視下の人々の自由を脅かす可能性があると警告しています。

電子監視システムが世界中で定着し、米国や英国などの裕福で開かれた国と中国などの権威主義国の両方で広く適用されるようになったため、高齢者の監視は同意の問題を深めています。

日本人は個人のプライバシーを厳重に保護しており、多くの自治体は邪魔にならない形式の電子追跡を採用しています。 他のツールと同様に、日本のシステムの価値は、最終的にはそれらがどのように使用されるかによって決定されると、東京認知症ケア研究訓練センターの主任研究員である永田久美子氏は述べています。

彼女は、ユーザーが迷子になることへの恐れを和らげることで、ユーザーにより多くの自由を与えるアプリケーションに期待を寄せています。 しかし、彼女は、このシステムが「「問題のある」人々に対処するためのツールとしてのみ使用される」ことを夢見ています。家族や役人に負担をかけている人は誰でもです。

世界で最も人口の多い国として、日本は認知症の被害に対して最も脆弱です:記憶喪失、混乱、ゆっくりとした身体的衰退、そして最も悲痛なことに、自己と他者との関係の不可解な解散。

日本は認知症の人の割合が世界で最も高く、人口の約4.3パーセントです。 によると 経済協力開発機構による見積もりに。 2012年の日本政府の調査では、462万人以上の認知症の住民が発見され、一部の研究者は、日本人人口の4分の1が2045年までに認知症になると推定しています。

認知症は、日本の行方不明者の主な原因です。 2020年には17,000人以上の認知症の人が行方不明になり、2012年の9,600人から増加しました。初年度の公式データが報告されました。

その年、政府は最初の全国的な認知症政策を発表し、それ以来、この状態の人々によりよく対応するための法的枠組みを構築することに取り組んできました。

主な成果の1つは、認知症の人々の生活の質を改善し、過重負担の介護施設への負担を軽減することを期待して、認知症の人々をナーシングホームに委託するのではなく、「適所に年齢を重ねる」ことを支援することに重点を置くことです。

しかし、在宅認知症ケアは、介護者や認知機能低下の人々にとって不安の主な原因となる可能性があります。 日本の多くの地域では成人向けのデイケアを提供していますが、費用がかかり、さまよう可能性が最も高い人々の監督にギャップが残る可能性があります。

認知症の人を受け入れることに関する国の政策やメッセージは、しばしば社会的期待や地方自治体の行動と矛盾します。 家族は、不規則な行動が社会的不名誉を引き付けたり、地域社会に不便をかけたりすることを恐れて、認知症の人を隠すことがあります。 繰り返しさまよっている人のために、警察は家族に彼らを家に留めるか、彼らの動きを注意深く監視するように圧力をかけるかもしれません。

2007年、認知症の91歳の男性が中部日本の自宅をさまよって電車に殴られ殺されました。 その運営者は、サービスの遅延から生じた損害賠償で彼の悲しみに暮れる家族を訴え、地方裁判所は会社に有利な判決を下しました。 判決は上訴で取り消されたが、スリップアップが破滅する可能性があることを心配している家族のために損害が与えられた。

43歳で認知症と診断された佐藤美希さん(46)は、認知症患者に対する一般の認識は過去10年間で改善したと述べ、認知症の人に仕事の機会を提供する会社にスタッフを配置している。 しかし、それでも家族のニーズを個人のニーズよりも優先する傾向があると彼女は述べた。

認知症の人は「信頼されたい」と述べ、「これらのGPSトラッカーを使用したい人の数は、それらを使用させられた人の数に比べてかなり少ない」と付け加えた。

さんのために。 認知症の人が食料品を買うときに、位置追跡機能を備えたアプリの開発を手伝った佐藤氏は、「最も重要なことは、その人の選択だということです」と語っています。

それでも、迷子になることへの彼女の恐れは現実的です。悪い日には、駅と通りの名前が混ざり合い、住所は彼女の記憶の端で踊ります。

「事前の症状として、自分で使用するかもしれないと想像できました」と彼女は追跡システムについて語った。

認知症の人がいなくなったときでも、ほとんどの日本のコミュニティは、認知症を見つけるためにアナログのアプローチを取っています。 ボランティアの検索チームがアクティブになり、当局は地元のラジオ局またはほとんどの地域にある拡声装置でアラートを再生します。

一部の地域では、失われた人々を支援する方法を説明したキーチェーンなど、ローテクソリューションに目を向けています。 しかし、認知症の人が家に住むようになるにつれて、デジタルソリューションはより魅力的になっています。

それらは、セキュリティカメラや靴に滑り込ませることができる追跡デバイスなどのより煩わしいものから、スキャンされたときに指の爪に乗って介護者に警告することができるQRコードなどのより受動的なオプションにまで及びます。

地方自治体や企業はプログラムの開発と促進に多額の投資を行ってきましたが、倫理的な懸念もあり、それらはまばらに使用されたままです。

特にインフォームドコンセントの問題は、特に認知症の人がそれを与えることができるかどうかを評価することが難しい場合には、注意が必要な問題です。

システムの登録プロセスは通常、介護者によって開始され、最後の手段としてのみ開始されます。 次に、医療専門家は、将来の監視候補を評価します。 個人に通知する必要はありません。

たとえば、2015年に独自のGPS追跡システムを導入した中部地方の高崎市を例にとってみましょう。板見の仲間と同じように、そこの介護者は一方的に病棟の写真を共有し、警察に自分の位置へのアクセスを許可することができますデータ。

板見市長の藤原保幸氏は、最初に監視プログラムを提案したとき、「私たちが民間人をスパイしているという認識を心配していた」と述べた。

氏。 藤原氏は当初、犯罪を阻止し、子供たちが学校に通う際に目を光らせるためのツールとしてこのアイデアを提案しました。 やがて、カメラが街全体に現れ始め、その場所はパブリックコメントで選ばれました。 2015年、市は放浪しがちな高齢者の家族にプログラムを開始しました

カメラ自体は人を追跡しません。 彼らは、プログラムに登録された人々によって運ばれる小さなビーコンと通信する受信機を備えています。 ビーコンの持ち主が通り過ぎると、デバイスはその位置を記録し、認定された介護者が確認できるスマートフォンアプリに送信します。

氏。 藤原氏は、家族だけがデータを閲覧できることを保証しました。 それでも、昨年は190人の高齢者しかこのプログラムを利用していませんでしたが、20万人の小学生の半数近くが登録されていました。

氏。 市役所で働く内田の息子・真太郎は、2019年に父親と契約した(彼の家族は、認知症についての国民の理解を深めるために内田氏の経験について話し合うことに同意した)。

彼の父は忙しいままでいることを信じていた誇り高き男でした。 彼は引退した後、すぐに別の仕事に就きました。 しかし、70年代初頭、彼は運転に問題を抱え始めました。 彼の記憶は薄れた。

氏。 現在78歳の内田は、何十年も伊丹で家族を育て、印刷会社で働いていた。 しかし、彼が毎日散歩をしていると、通りはもはやなじみがありませんでした。 一ヶ月の間、 内田は3回姿を消したと妻の恵子は言った。 追跡プログラムは彼の放浪を遅らせるのに役立ちましたが、それを止めることはできませんでした。

3月、彼の家族はしぶしぶ彼を介護施設に入れました。

彼のビーコンは彼の家にあり、彼の不在のみを示しています。

READ  日本の主要なACSLドローンがIndianArc Venturesと提携して、インドで製造しています。 10月までに準備ができた最初のユニット