Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

半導体企業TSMCがホットスポット台湾から日本工場を移転

半導体企業TSMCがホットスポット台湾から日本工場を移転

台湾のチップ企業TSMC(台湾積体電路製造会社)の子会社であるジャパン・アドバンスト・セミコンダクター・マニュファクチャリング(JASM)の日本のキクユにある新しい半導体工場の全体図(フィリップ・フォン氏)。

台湾の半導体企業TSMCは、重要なハードウェア生産の一部を本拠地から移すため、土曜日に日本に86億ドル規模の工場を開設する予定だ。

AppleやNvidiaを顧客に持つこの台湾の半導体メーカーは、世界のチップの半分を製造しており、それらのチップはスマートフォンから人工衛星まであらゆるものに使用され、AI技術を多用している。

しかし、TSMCの顧客と政府は、経済と安全保障に不可欠なチップの供給を懸念しており、TSMCが自治島でより多くのチップを製造することを望んでいる。

中国が台湾(自国の領土だと主張し、武力占領の可能性を排除していない)に対する強硬姿勢を強めていることは、世界がチップ生産で台湾に依存していることへの懸念を煽り、TSMCが製造場所を多様化するよう促している。

日本の新工場は「DSMCがここ数年で開設した最も重要な国際投資」であると、『チップ戦争:世界の重要な技術を巡る戦い』の著者であるクリス・ミラー氏は述べた。

ミラー氏はAFPに対し、「台湾が中国の圧力に抵抗できる強力な友人を得​​ている現在、台湾と日本の政治関係も強化されるだろう」と語った。

しかし、九州南部の島にあるTSMCの新施設は、日本が米国と欧州からの巨額の補助金で半導体企業を誘致するためのクーデターだ。

~州菓子~

土曜午後の開会式には、DSMC幹部らとともに岸田文雄首相も出席すると言われている。

東芝やNECなどの企業は、1980年代に日本がマイクロチップを独占するのに貢献したが、韓国や台湾との競争により、世界市場シェアは50パーセント以上から10パーセントに低下した。

現在、日本は、2030年までに国産チップスの売上を3倍の15兆円以上に増やすために、最大4兆円(267億ドル)相当の国菓子を提供している。

キクユ市にあるTSMCの新工場は、政府が費用の40%を負担し、ソニーとデンソーも参加しているが、これは初めてのことである。

日本政府の「強力な」支援を受けて、TSMCは今月、より高度なチップを製造する2番目の施設を発表し、3番目、さらには4番目の施設も視野に入れている。

国の資金提供を受けている企業の中には、IBMと日本企業の最先端の2ナノメートルロジックチップを含む野心的な合弁事業であるジオクシア、マイクロン、ラピダスも含まれる。

– ウェルカムバナー –

DSMCは米国アリゾナ州に第2工場を建設中で、ドイツにもヨーロッパ初となる工場を計画している。

しかし、日本には地理的に近いという利点があり、この分野で豊富な経験があり、キクユ工場の建設には少なくとも22か月かかり、これよりも早いです。

自国の部門を強化するために527億ドルの補助金を発表した米国とは対照的に、アリゾナ州の工場では遅れや労働組合との衝突が起きている。

キクユ州の地元職員、イマムラ・タロウ氏はAFPに対し、「さまざまな企業が建設中の多くの工場を見てきたが、TSMCは驚くべきスピードで建設した」と語った。

今村氏は、「DSMC労働者を歓迎します」と書かれた横断幕が掲げられたキクユ市の役場で、「子供からお年寄りまで、市内の誰もが『チップス』と『DSMC』という言葉を知るようになった」と語った。

九州の熊本地域はすでに、中国との取引が活発な東京エレクトロンなどのチップ工場向けの機械メーカーを含む日本の半導体企業の拠点となっている。

しかし、高齢化する日本の他のセクターと同様に、特に地元の学生が退職したり、チップよりも他の職業を好むため、十分な労働者を見つけることに懸念があります。

卒業生は「ソフトウェアにより関心を持っている」と国立工業高等専門学校熊本高等専門学校准教授の高倉健一郎氏はAFPに語った。

nf-stu/sco

READ  日本政府は4月の政策変更を実施中