Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

半裸の男たちが冷水を浴びながら日本の街を熱狂的に駆け巡るユニークな祭り

半裸の男たちが冷水を浴びながら日本の街を熱狂的に駆け巡るユニークな祭り

岩手県一関市 — 2月11日、伝統的な祭りの一環として、半裸の男たちがこの東北地方の都市のメインストリートを駆け抜け、冷水に飛び込みました。

コロナ禍で主要な神事が制限されていた台東区大原水影祭が4年ぶりに本格的に始まり、街は活気に満ちた。

この祭りは、1657年の江戸大火の教訓をもとに火災予防を祈願して始まった祭りです。 最近では無病息災や厄除けなどを祈願する行事も重要視されています。

今年は地元や海外からの観光客を含む208人がチリ・スプリントのために腰に綿を巻きました。 寒風が吹く中、沿道からバケツに「清め水」をかけられ、「ワッショイ」と掛け声を上げながら5区間の500メートルを走った。 初参加の地元出身の23歳は「寒かったけど、いい思い出になった。悪い運を振り払うことができた」と震えながら語った。

【湯浅誠一】

READ  日本のH3ロケット2度目の打ち上げ成功