Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

南太平洋に5Gネットワ​​ークを構築する日本、米国、オーストラリア

月曜日に、問題に近い筋は、日本、米国、オーストラリアが共同で南太平洋の高度な5G通信ネットワークの開発に資金を提供し、この地域の重要なインフラストラクチャの中国の制御をヘッジすることを発表しました。

この決定は、ミクロネシア、ナウル、キリバスの太平洋島嶼国へのインターネット接続を改善するために、3か国が新しい海底ケーブルの構築を支援すると発表した翌日に行われました。

5Gネットワ​​ーク開発に関する三国間コラボレーションは、ジャマイカに拠点を置く国際的なモバイルネットワークおよびホームエンターテインメントプロバイダーであるDigicelGroupの太平洋事業を通じて達成されます。

オーストラリア最大の電気通信会社であるTelstraCorpは、買収を検討している中国企業との話し合いの後、10月にDigicelのPacific事業を買収すると発表しました。

売上高16億ドルの大部分はオーストラリア政府によって資金提供され、日本と米国は官民パートナーシップを通じて事業運営に貢献します。

Digicelは、パプアニューギニア、サモア、フィジーを含むいくつかの島国でモバイルサービスを提供している会社ですが、通信ネットワークのアップグレードに遅れをとっています。

セルラー無線ネットワークの異なるベンダー間の相互運用性を可能にする業界全体の標準である「OpenRAN」を提供できる日本企業は、5Gネットワ​​ーク用の高度な機器を提供します。

プロジェクトの資金は、政府の国際協力銀行と三菱東京UFJ銀行を含む日本の3大銀行から提供される可能性があります。

日本、米国、オーストラリアの当局は、太平洋地域における中国の影響力の高まりと、地域の電気通信開発ネットワークが北京によって主導されている場合、社会的および経済的活動を混乱させる可能性のある情報盗難のリスクにますます警戒するようになっています。

「歴史的に、私たちは民主的な価値観を共有する太平洋島嶼国と深い関係を持っています」と日本の政府当局者は言いました。 「私たちは、中国が私たちの電気通信ネットワークを支配することによって民主主義が脅かされる状況を避けなければなりません。」

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  Covidの規制が緩和され、日本経済は回復する| 日本