Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

博報堂:日本の広告会社博報堂がMA&THで51%上昇

博報堂:日本の広告会社博報堂がMA&THで51%上昇

日本の広告会社である博報堂は、インドのブランド グループおよびエンターテイメント エージェンシーである Marching Ants & Trigger Happy Entertainment Network (MA&TH) の 51% の株式を取得しました。 取引の財務上の詳細は明らかにされていません。

今回の株式取得により、博報堂はインドにおけるプレゼンスの強化を目指します。

博報堂は 2000 年 1 月からインドに進出し、親会社のインドにおけるグローバルおよび国内事業を管理しています。

ムンバイに本拠を置く MA&TH は、映画プロデューサー、スタジオ、OTT プラットフォーム、放送局、国際ブランドなどのコンテンツ作成クライアントにサービスを提供しています。

MA & TH グループ企業には、2001 年に設立された独立系ブランディング エージェンシーである Marching Ants Advertising と、2007 年に設立された Trigger Happy Entertainment が含まれます。

22 年度、Trigger Happy Entertainment は、52 億 8000 万ルピーの利益に対して 302 億 9000 万ルピーの収益を報告しました。 会計年度の Ants Advertising からの 3 月の収益は 22 億ルピー 12.5 億ルピーで、利益は 1.7 億ルピーでした。

Trigger Happy Entertainment は、映画キャンペーンと OTT プラットフォームの戦略とコミュニケーションを作成し、Marching Ants は、エンターテインメント業界向けの戦略的で創造的なソリューションの作成を専門としています。 MA&THの共同創業者兼CEOのアミット・チャンドラは、「ビジネス、才能、創造性に対する博報堂のアプローチは、従業員と顧客の両方にとって、成長に対する私たちのビジョンに本当に適合するものでした。私たちの焦点は、インドでのリーダーとしての地位を強化することにあります。また、アジア太平洋地域でのブランディング ソリューションの専門知識を拡大することもできます。」

博報堂の社長兼インターナショナル CEO である伊藤俊太郎は、次のように述べています。博報堂誠の哲学に基づくマーケティングソリューション. -活社インサイト.」 彼はさらに、MA & TH は、テクノロジーエージェンシーの AdGlobal360 とアクティベーション会社の PMG と提携すると述べた。

「MA&THは、特にエンタテインメント事業において、インド、日本、東南アジア以外のオフィスと協力することで、博報堂グループ全体の成長を次のレベルに導きます」と伊藤氏は付け加えました。

READ  カロライナ大学が日本の大学と先駆的な教育と革新を共有