Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

危険な太陽嵐!  NASAは、地球に向かって太陽風を吹いている太陽の巨大なクレーターを検出します

危険な太陽嵐! NASAは、地球に向かって太陽風を吹いている太陽の巨大なクレーターを検出します

昨日、3 月 20 日、地球は今日、到来するコロナ質量放出 (CME) による落雷を経験する可能性があると報告されました。 天文学者がその進化を監視している間、より不安な発展が太陽に発見されました。 NASA のソーラー ダイナミクス天文台は、太陽の大気に大きな穴があり、太陽風が吹き出していることを発見しました。 この太陽風は、3 月 23 日から 24 日の間に地球に到達すると予想されており、別の強力な太陽嵐を引き起こす可能性があります。 その日に CME が入ってくると、太陽風の影響が加わるため、うまくいかない可能性があります。 詳細を確認してください。

進化だった 言及された SpaceWeather.com のウェブサイトで次のように述べられています。開いて太陽風を逃がしてください。」

太陽風がまもなく地球に衝突する

太陽風が地球に衝突するのは非常に一般的な現象ですが、そのタイミングが気になるところです。 この動きの速い太陽​​風の波は、春分点の数日後に発生すると予想されているため、地球は磁気圏に形成された亀裂のために非常に脆弱になります。 これにより、一般的に強い太陽嵐が発生します。 これは、着信 CME が衝突するとさらに悪化する可能性があります。 この場合、G2またはG3クラスの太陽嵐でさえ問題外ではありません.

また読む: スマートフォンをお探しですか? モバイルファインダーを確認するには

通常、このような強力な太陽嵐では、オーロラが強烈に現れます。 しかし、軽いディスプレイにだまされてはいけません。インフラストラクチャに大きなダメージを与える可能性があるからです。 これらの太陽嵐は、人工衛星を破壊し、携帯電話ネットワークやインターネット サービスを混乱させ、送電網に障害を引き起こし、繊細な地上電子機器を台無しにする可能性があります。

NASA 太陽観測所の役割

NASA 太陽観測所 (SDO) は、太陽を観測するための機器一式を備えており、2010 年からこれを行っています。3 つの重要な機器を使用して、さまざまな太陽活動からデータを収集しています。 それらには、可視太陽円盤全体にわたる縦方向およびベクトル磁場の高解像度測定を行う日震および磁気イメージング(HMI)、太陽および大気の極紫外線放射を測定する極紫外線変動実験(EVE)が含まれます。連続観測を提供するイメージング (AIA) 7 つの極紫外線 (EUV) チャネルで太陽彩層とコロナのディスク全体を観測します。

READ  SpaceXが月着陸船のNASAの契約を勝ち取る