Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

原子力は依然としてMHIの主要セクターである:企業

2022年5月12日

三菱重工業(MHI)は、脱炭素化とエネルギー安全保障の観点から原子力への新たな関心があると述べ、 2021年中期事業計画同社は、小型モジュール炉(SMR)と先進型原子炉の開発により、日本の原子炉の再起動を引き続き支援すると述べた。

三菱重工は日本の最新の報告を指摘した 戦略的エネルギー計画 国内の発電構成に占める原子力エネルギーの割合を2030年までに20〜22%に増やすことを目指しています。さらに、他のいくつかの国は、気候目標を達成するため、またはエネルギー安全保障上の懸念から、原子力発電所を建設する計画を発表しました。

同社によれば、日本の発電用原子炉は10基が再稼働し、さらに16基が計画されている。 現在までに再起動されたすべての原子炉は、加圧水型原子炉(PWR)でした。 三菱重工は、沸騰水型原子炉(BWR)のサポートを拡大し、日本の改正規制の下で現在必要とされているスタンバイ制御センターを含む追加の安全対策の構築を支援する予定です。

また、青森県六ヶ町に建設中の再加工工場と混合酸化物(MOX)燃料製造工場の建設を完了します。 設備完成後のメンテナンスも「最大限のサポート」を行うとのこと。

それの下に 2021年中期事業計画 -2020年10月30日に発行され、収益性の向上と成長分野の開発を目的としています-MHIは、新しい原子炉設計の開発も計画しています。 一次キャッチャーや放射性崩壊防止システムなど、さらなる安全性の向上を含む「次世代」軽水炉に取り組んでいます。 最大1,200メガワットの発電容量を持つこのような原子炉は、「出力変調容量」を増やすことにより、再生可能エネルギー源との互換性を向上させます。 MHIは2030年代半ばに原子炉を商業化することを目指しています。

同社はまた、300MWの出力容量を持つ小型のモジュール式軽水炉を開発しています。 小規模分散ネットワークに電力を供給するSMRは、完全に受動的な安全システムと統合された原子炉容器設計を特徴としています。

三菱重工は、水素製造用の高温ガス炉も開発中です。 先月、日本の原子力研究開発機構と協力して、茨城県大浦で高温試験炉を用いた水素製造の実証プロジェクトの立ち上げを発表したことを示した。

また、高速炉の開発にも取り組んでいます。 「核燃料サイクルを完了することにより、高速炉を使用して核資源を効率的に利用し、高レベル放射性廃棄物の量とリスクのレベルを下げることができます」と三菱重工は述べた。 1月、MHIは、ナトリウム冷却高速炉の開発に協力するために、USTerraPowerと覚書に署名しました。

MHIはまた、自然災害の発生後だけでなく、孤立した島や遠隔地の電源として使用できると述べているフルソリッドステートマイクロリアクターの設計を開発しています。

同社はまた、核融合発電の開発、および南フランスのカダラッシュで建設中の国際熱核融合実験炉のいくつかの重要な機器の製造に関与していることを示した。 三菱重工は、核融合炉の試作品の計画も立てていると語った。

Global NuclearEnergyNewsによる調査と執筆



READ  ロシアのほとんどの地域は日本との経済関係を維持しています-経済開発省-ビジネスと経済