Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

原子力機構、ポーランドの実験炉設計に協力

読売新聞
日本原子力研究開発機構の古口正典所長(右)とポーランド国立原子力研究センター所長のクシシュトフ・コレク氏は火曜日、東京で協定に調印した。

日本原子力研究開発機構 (JAEA) は火曜日、ポーランド国立原子力研究センター (NCBJ) と、次世代の高温ガス冷却炉 (HTGR) のパイロット炉を建設する開発プログラムに参加する契約を締結した。ポーランド。

JAEA は、ワルシャワ近くの NCBJ に建設される最大 30,000 キロワットの熱容量を持つ実験炉の基本設計でポーランドを支援します。

原子炉は2020年代後半に完成する予定です。 原子力機構は、2024年までに燃料製造や安全対策などにかかる技術を総額約4億円で提供する計画だ。

原子炉冷却材としてヘリウム ガスを使用する HTGR は、核燃料を使用して原子炉の炉心で熱を発生させます。 700℃以上の熱は、発電だけでなく、水素製造などの産業用途にも利用できます。

JAEA は、茨城県尾利市にある実験用ガス冷却炉である高温工学試験炉 (HTTR) に関する優れた研究の実績を持っています。

発電を石炭などの化石燃料に依存しているポーランドは、高温ガス炉を中心に2019年から日本と協力している。

READ  XboxシリーズXストック-ライブ:Very、Game、EEなどからの最新の英国再入荷ニュース