Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

原油コストの高騰により、11月の日本の輸入額は8.32兆円に達した。

政府のデータによると、11月の日本の輸入額は43.8%増加し、原油価格の上昇と円安により過去最高となり、2020年1月以来最大の貿易赤字を記録した。

財務省によると、商品の輸入は、1979年1月に比較可能なデータが入手可能になって以来最大の8.32兆円(729億ドル)に跳ね上がり、輸出は20.5%増の7.37兆円になり、商品貿易赤字は9,548億円となった。 。 予備報告で。

貿易収支は4ヶ月連続で赤インクを記録し、アラブ首長国連邦などの生産者からの原油価格の上昇を背景に、輸入は10ヶ月連続で増加した。

韓国からの鉄鋼製品や中国からの半導体製造設備への旺盛な需要に牽引され、9ヶ月連続で輸出が増加した。

日本の強力な輸出は、国の回復見通しにとって朗報です。 彼らはまた、供給制限の緩和が世界経済をより良い位置に置くのに役立ったという証拠を追加します-オミクロンの亜種COVID-19に至るまでの数週間で、不確実性の新しい要素が導入されました。

SMBC日興証券のエコノミストKoyaMiami 「11月には供給の制約がある程度緩和されましたが、オミクロンの亜種が海外の工場を停止させ、デルタの亜種のように供給の制約を強める可能性があるというリスクがあります。」 それは石油の輸入をより高価にし、それは家庭での消費に逆行するでしょう。」

11月の輸出の伸びはおおむね基づいており、米国、中国、欧州連合への出荷は夏以来最も強い増加を記録しました。 経済の主な原動力である日本の自動車輸出は約4%増加し、サプライチェーンが低迷し続けているにもかかわらず、前月の3分の1以上の減少から回復した。

ガソリンやその他の厳選された商品の価格上昇により、日本の消費者が緩む可能性があるという懸念が生じているため、回復に耐えるために輸出への圧力が高まっています。 アナリストは、第4四半期が8四半期で5回目の縮小を示した後、年末に景気が回復すると予想しています。

しかし、11月下旬以降のオミクロン変異の蔓延は、国々が旅行者へのアクセスを制限し、地域の制限を取り戻すかどうかを検討しているため、今や期待を失っています。 供給のボトルネックもメーカーに影響を及ぼし続けており、トヨタ自動車は部品不足のために今月も生産を削減しました。

農林中金研究所の南猛経済学者は、「全体として、自動車主導の輸出は回復している」と述べた。 しかし、それでもおそらく遅すぎるでしょう。 トヨタはすでに12月に生産水準を回復する計画が遅れに直面していると述べており、東南アジアが引き続きCOVIDの問題に直面していることを考えると、1月に軌道に戻るかどうかは不明である」と語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ビスタラは6月16日からデリーと東京間の直行便を運航します