Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

参加の呼びかけ:2022年のアジア太平洋地域の気候変動リーダー

TOKYO-日経アジアは、姉妹誌であるフィナンシャルタイムズとデータプロバイダーのStatistaと協力して、温室効果ガス排出原単位を最大に削減しているアジア太平洋地域の企業のリストを作成しています。

目標は、温室効果ガスの排出強度(収益に対する排出量)が2015年から2020年の間に最も減少した企業を強調することです。リストは、アジア.nikkei.comおよび日経アジア誌で2022年半ばに公開されます。

FTとStatistaによって編集されたヨーロッパの企業をカバーする姉妹リストを見つけることができます ここ

参加するには、2015年から2020年までのすべての利用可能な年の会社の温室効果ガス排出量と同じ期間の収益(または銀行の場合は純利息収入)に関する簡単なアンケートに記入することをお勧めします。 また、ダウンロードして署名する必要のあるデータ確認フォームをお送りください。

リストの適格性は、排出原単位の複合年間削減率(CARR)によって決定されます。 候補者にはStatistaから連絡があります。または、StatistaのWebサイトで名前を送信することもできます。このウェブサイトには、参加の方法論と条件、および役立つ連絡先に関する詳細情報も含まれています。

アジア太平洋2022年気候リーダーリストに含まれることには、多くの利点があります。

ジョブズ

アジア太平洋気候リーダーリストに含まれることは、特定の業界や国をはるかに超えて広がるその環境パフォーマンスの目に見える公的な認識となるでしょう。 それは世界中のパートナー、顧客、従業員そして潜在的な投資家の間で注目を集める能力を持っています。

効果的なメディア報道

このリストは、asia.nikkei.comとFT.com、および週刊の日経アジア誌に掲載されます。

評判のメリット

リストを作成するすべての企業は、マーケティング目的で賞のロゴを使用できます。 *

企業に関する100万を超える事実へのアクセス

温室効果ガスの排出量と収益に関するデータを提供してくれたすべての参加者は、上場企業であるかどうかに関係なく、Statistaの2週間の無料サブスクリプショントライアルを受け取ります。

誰が対象ですか?

含めることを検討するには、会社が次の基準を満たしている必要があります。

-2020年に少なくとも5000万ドルの収益を達成

独立している(つまり、参加を申請した会社が他の会社の子会社または支店ではない)

本社は、アジア太平洋地域の次のいずれかの場所にあります。オーストラリア、香港、インド、インドネシア、日本、マカオ、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム。

登録するにはどうすればよいですか?

最初のステップ:オンライン登録

オンラインでStatistaに登録してください ここ、2022年1月15日まで。 日本モデルもご用意しております。 または、英語または日本語のフォームをダウンロードして、完了時に[email protected]に送信することもできます。

ステップ2:データを確認する

排出量と収益のデータを確認する必要があります。 必要なフォームは日本語でも入手可能で、ダウンロードし、マネージングディレクターまたは実行委員会のメンバー(CEOまたはCSRディレクター)が直接署名してから、電子メール、ファックス、または郵送でStatistaに送信する必要があります。 必要な住所の詳細はすべてフォームに記載されています。

オンライン登録Webページ

PDF登録フォーム: Einglish/日本

データ検証フォームPDF: Einglish/日本

発信者データ

ご質問がある場合、または別の方法でお問い合わせをご希望の場合は、Climate-apac @ statista.comにメールを送信してください。

*「アジア太平洋気候リーダー2022」のポスター、ワードロゴ、画像の使用には、1回限りのライセンス料がかかります。 ただし、ランキングへの掲載は完全に無料です。

READ  IMFはワクチンの不平等が世界経済の回復を脅かすと警告している