Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

古代人類が90万年前の気候変動による絶滅をどのようにして生き延びたのかが研究で明らかになった

古代人類が90万年前の気候変動による絶滅をどのようにして生き延びたのかが研究で明らかになった

約90万年前、人類は絶滅の危機に瀕していました。

昨年発表されたゲノミクス研究の結果によると、現生人類の祖先の人口はわずか1,300人の繁殖人口まで減少し、壊滅的なボトルネックの中で人類を絶滅の危機に追い込んでいる。 今回、新しい研究により、アフリカからの人類の大移動も同時に起こったことが判明した。

これは、これまでの人口減少の歴史を裏付ける発見であり、この 2 つが共通の分母で結びついていることを示しています。 として知られるイベント 更新世中期の移行期、地球の気候が影響を受けていた場所 絶対的な混乱の時代多くの種を絶滅させる

初期の人類がアフリカからヨーロッパやアジアへ、そしてヨーロッパやアジアを横断して移動した様子を再現するのは困難です。 私たちの最良の証拠は、骨のまばらな記録と、ほとんどが石の遺物で構成されており、年代を特定するのは難しい場合があります。 しかし、証拠は、それが単一の出来事ではなかったことを示唆しています。 初期人類と祖先の複数の波 彼らは生活を詰め込み、新しい環境へ長い旅に出ました。

最近の 2 つの研究では、さまざまな種類の分析に基づいて、人間の移住と人口ボトルネックが関連付けられています。 ヒトゲノムを詳しく読んだところ、約90万年前に集団のボトルネックが遺伝的多様性の喪失を引き起こしたことが判明した。 数週間後に発表された2番目の研究では、旧石器時代の年代を特定するユーラシアの初期の遺跡を調査した。 110万年前のボトルネック

この矛盾により、どの気候現象が個体数の一時的な減少を引き起こしたのか、少なくとも一因となったのかを判断することが困難になっているため、ミラノ大学の地質学者ジョバンニ・モトニ氏とコロンビア大学のデニス・ケント氏は、矛盾を縮小する試みに着手した。 タイミングのボトルネック。

まず、研究者らはユーラシア全土の初期の人類居住地の記録を再評価し、90万年前に遡る確実な遺跡群を発見した。 比較すると、人口統計上のボトルネックの証拠として使用された古いサイトでのデートはより曖昧であり、 とても物議を醸している

彼らはその発見を、酸素同位体の形で気候変動の証拠が保存されている海洋堆積物の記録と比較した。 堆積層に閉じ込められた酸素の割合は、鉱物の堆積時の気候が暖かかったか寒かったかを示します。

ゲノムデータとヒト族のサイトの歴史を総合すると、ボトルネックと移動が同時に発生したことが示唆されます。 更新世中期の移行期には、 世界の海面が低下しているアフリカとアジアは干上がり、大規模な干ばつが発生した。 アフリカに住む人類は、食料も水も奪われる恐ろしい状況に直面していた。 研究者のモデルによると、幸いにも海面が低下したことでユーラシアへの陸路が利用可能になり、アイススケートが可能になったという。

これは、人類がこれまでに移住したことがないという意味ではないことに注意してください。 実際、人口窒息はハディースの始まりにあります ホモ・サピエンス その移住は、約90万年前に起こった気候変動の結果と同時に起こりました。

「私たちは、運動中に脱水を促進させることをお勧めします。 海洋同位体ステージ 22 アフリカ大陸のほとんどの地域にサバンナと乾燥地帯が広がる原因となったこの政策は、早期に推進されました。 ホモ 絶滅を避けるために適応または移住するアフリカの個体群。 彼らは論文にこう書きます

「急激な気候刺激に反応した急速な移住と、それに伴う逃避手段は、90万年前という早い時期のアフリカからの移住を説明できる可能性があり、ボトルネックを経験している現代のアフリカ人集団における最近のゲノム証拠に貢献する可能性がある。」

結果は以下で発表されました。 米国科学アカデミーの議事録

READ  Omicron のブースター投与後に期待されること - 同時にインフルエンザの予防接種を受けるとどうなるか