Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

古橋亨子と新しいセルティックトリオは、日本での「公益」から免除され、冬の予選の準備ができています。

セルティックは今月後半にAFCワールドカップ予選で4人の日本人選手を失うようです。それが「公益が多すぎる」場合、彼らは日本への入国を許可されます。

オミクロン変異体の出現の結果としての厳格な政府の旅行規則は、古橋亨吾、前田大然、井手口陽介、旗手怜雄がすべてスコットランドに滞在する可能性を高めました。

日本は、レンジャースとのダービーダブルヘッドの2回目の試合の翌日の1月27日と2月1日に中国とサウジアラビアと対戦します。


元々の厳格なルールが使用されていたとしたら、外国人プレーヤーは国内に入ることができなかったでしょう。そのため、JFAは代わりに海外でプレーすることを検討しました。

しかし、極東は、カタール2022のダブルヘッダーゲームの「高い公益」のために、日本が資格を得るのに苦労していると報告しました。

中国とサウジアラビアの両方のプレーヤーとスタッフを含む約100人の特別な免除が日本でのゲームのプレイを許可されます。

彼らはまた、外国人の日本兵が入国することを許可します。

これを受けて、日本サッカー協会は、外国人兵士が入国して出国するまで感染の拡大を防ぐために、超厳格なバブルを維持することを約束しました。

しかし、パークヘッドでのレンジャーズとの衝突でオーストラリアのスター、トム・ロックを逃したアンジ・ポステコグルーにとっては大きな打撃となるでしょう。

READ  日本の多様なオリンピックスターは変化する国を表しています(ゆっくりと)