Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾、呼吸器疾患のため高齢者と若者に中国への訪問を避けるよう呼び掛ける

台湾、呼吸器疾患のため高齢者と若者に中国への訪問を避けるよう呼び掛ける

2023年11月27日、中国・北京の小児病院の外で飛行機を待つ人々。ロイター/Tingshu Wang/ファイル写真 ライセンス権の取得

[台北/上海 21日 ロイター] – 台湾保健省は木曜日、中国で呼吸器疾患が最近増加していることを理由に、高齢者、若者、免疫力の低下した人々に対し、中国への渡航を避けるよう呼び掛けたが、一部の専門家は、この措置は中国の呼吸器疾患の抑制には効果がないと指摘した。 公衆衛生上のリスク。

世界保健機関は先週、中国に対し、感染者数の増加に関する詳細な情報の提供を求めたが、同機関の関係者は、感染者数は新型コロナウイルスのパンデミック以前ほどではなく、異常な病原体や新たな病原体は発見されていないと述べた。

台湾は、中国で始まり、2002年から2003年にかけて世界で約800人が死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)の発生以来、巨大な隣国での病気の発生を懸念してきた。

中国政府は台湾を民主的に統治していると主張しており、当初は感染拡大を隠蔽しようとした。

台湾保健省は毎週の閣議後に発表した声明で、中国で呼吸器疾患が増加しているため、高齢者、幼児、その他の免疫力が低下している人々は必要な場合を除き、中国本土、香港、マカオへの旅行を控えるよう求めていると述べた。 。

同氏は、旅行が不可欠な場合は、中国に旅行する前にインフルエンザと新型コロナウイルスのワクチンを受けるべきだと付け加えた。

台北健康持続発展財団の疫学者徐ティキウ氏は、この警告は人々に、中国に行かなければ呼吸器疾患にはかからないと誤解させるだろうと述べた。

ニューデリーのジャワハルラール・ネルー大学の疫学者で地域保健学の教授であるラジブ・ダスグプタ氏は、「呼吸器感染症による渡航制限は、感染を阻止する効果的な手段ではない」と述べた。

一部の公衆衛生研究者は、台湾でも冬とパンデミック制限が解除された後は呼吸器疾患が増加する可能性が高いと指摘し、渡航警告は妥当だと述べた。 ソウル国立大学の疫学者ソン・イルチョ氏は、「彼らは急いで海外に行かないよう注意するだろう」と語った。

中国の王毅外相は水曜日、中国における呼吸器疾患の増加は各国が直面している共通の問題であり、中国当局が効果的に抑制していると述べた。

中国の台湾事務弁公室や香港、マカオの当局はコメント要請に応じていない。

(台北のベン・ブランチャードと上海のアンドリュー・シルバーによる報告 – アラビア報のためにムハンマドが作成) (香港のアン・マリー・ラウントリーとファラー・マスターによる追加報告 – アラビア報のためにムハマドが作成) 編集:ミラル・ファミー

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  重力波が惑星全体を引き裂く?