Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾には日本の食品輸入の禁止を解除するためのタイムラインがありません:内閣

台北、1月。 27(CNA)台湾内閣は木曜日、この問題に関する差し迫った決定の報告の中で、政府は2011年の福島第一原子力発電所事故の影響を受けた地域からの日本食の輸入制限を撤廃するためのスケジュールを設定していないと述べた。

内閣のスポークスマン、Lo Ping-cheng(羅秉成)は記者会見で、民主進歩党政権が11年間の禁止を解除する準備をしています。

ロー氏は、食品の輸入に関しては、食品の供給源に関係なく、公衆衛生が政府の最優先事項であると述べた。

しかし同時に、台湾の政策は国際基準と科学的証拠に沿ったものでなければならない、と彼は付け加えた。

Loのコメントは、大地震とそれに続く津波が福島第一原子力発電所のメルトダウンを引き起こした約2週間後、2011年3月26日に食品安全上の理由で課された輸入禁止を解除しようとしているという最近のニュース報道に続きました。日本。

台湾は過去11年間、震災が発生した福島県と隣接する群馬県、千葉県、茨城県、栃木県の5県からの食品輸入の禁止を維持してきました。

一方、木曜日の野党国民党(KMT)は、被災地からの輸入日本食品の安全を保証するための科学的支援措置と呼ばれるものがないため、輸入制限を緩和することに強い反対を表明した。

木曜日の記者会見で、国民党の王玉民副事務総長は、台湾の有権者が禁止を78〜22%の差で維持することを決議したため、制限を解除するDPPの計画は「世論を踏みにじる」と述べた。 2018年の国民投票。

国民党議員の曽銘宗(曾銘宗)は記者会見で、台湾の二国間貿易の年次赤字を考えると、台湾は食品輸入禁止に関する日本との会談でもっと活用すべきだと述べた。

政府の統計によると、台湾は2020年に日本から458.8億米ドル相当の商品を輸入し、日本からの輸出注文は合計234億米ドルでした。

ツェン首相は木曜日、政府に対し、食品輸入制限に関する日本の希望に屈しないよう求め、そのような動きは台湾の東京主導の環太平洋パートナーシップ包括的進歩協定(CPTPP)への加盟を保証するものではないと述べた。

日本の当局は、台湾の輸入禁止について繰り返し懸念を表明している。 1月の二国間会合で、日本台湾交流協会の大橋光夫会長は、科学的証拠と国際基準に従って、この問題にすぐに取り組むよう台湾に促した。

この協会は、両国間に正式な外交関係がない場合、台湾に対する日本の利益を代表しています。

(LaiYu-chenとTengPei-juによる)

最終品目/ PC

READ  日本は国の安全のためにサイバーセキュリティユニットの総数を増やすことです