Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾の大統領が日本の首相とビジネスとセキュリティについて話し合う| 英文台湾日報

ツァイ(左)、タカイシ(YouTube、スクリーンショットタカイシサニ)

TAIPEI(Taiwan News)-蔡英文大統領は火曜日(9月20日)に与党の4人の日本の首相候補の1人と話しました。

自民党代表の佐谷隆一氏は、ビデオ対話は「貿易交流の拡大と深化」を目的としていると同時に、安全保障にも取り組んでいると述べた。

大統領は、短いながらも「非常に有益な意見交換」であり、両国間の交流がさらに深まることを望んでいると述べた。

先週の産経新聞とのインタビューで、武一氏は、9月29日の党選挙で選ばれた場合、ツァイ氏に「会いたい」と語った。

菅義偉首相が再選を求めないと発表した後の総選挙での与党の顔は投票で決まる。

選出された場合、高市は歴史上初の日本の女性首相となるでしょう。

頑固なナショナリストで保守的な彼女は、元英国首相のマーガレット・サッチャーを統治の役割モデルとして挙げています。 最近、日本の国防予算を倍増する意思を表明し、 出版を求めた 中国と北朝鮮の侵略を阻止するための国内の中距離ミサイル。

NS 共同通信社調査 土曜日に、自民党のメンバーは武が15.7%で3番目であったことを示しました。 ヘッドワクチン接種者河野太郎48.6%; 岸田文雄前外相18.5%。 自民党の野田瀬子事務局長代理(3.3%)。

READ  COVIDによる日本の非常事態は終了しました。 雇用とチップ不足はそうではありません