Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾の次期指導者ウィリアム・ライ氏が日本に海峡を越えるリスクについて警告するよう求めたことを受け、中国本土が激しく非難

台湾の次期指導者ウィリアム・ライ氏が日本に海峡を越えるリスクについて警告するよう求めたことを受け、中国本土が激しく非難

中国政府、台湾総統の選出を強く非難 ウィリアム・ライ・シンテ 就任まで2週間も経たないうちに日本に「ご機嫌をとった」ことに対して。
頼氏は水曜日、両国間の協力を強化したいと述べた。 台湾と日本 任期中、同氏は双方の経済的繁栄を生み出し、「インド太平洋地域の平和と安定を共同で維持する」と期待されていた。

台南で行われた日本の植民地時代に台湾南部の都市に貯水池を建設した日本人技術者、八田與一氏の追悼行事で講演したライ氏は、台湾海峡の平和に対する東京の懸念を聴衆に思い出させた。

同氏は、日本の岸田文雄首相が昨年「台湾の安全保障は世界的な問題である」と述べ、地域情勢のいかなる強制的な変更にも反対していること、また岸田首相の前任者である故安倍晋三氏が「台湾危機」について警告したことを挙げた。 日本の危機』。

ウィリアム・ライ氏は水曜日、台南の八田與一氏の銅像の前で追悼の意を表した。 写真: Facebook/ウィリアム・ライ・チンテ

北京外務省は頼氏の演説に強く反応し、林建報道官は同氏が独立の野望を促進するために外国軍に資金を支払っていると非難した。

林氏は台湾の与党・民進党(民進党)に言及し、「民進党幹部らが再びこのような主張をしているが、これは日本と歩調を合わせて台湾を裏切るという彼らの基本的な論理を再び暴露している」と述べた。

「『台湾の独立』と外部勢力による干渉が、台湾海峡の平和と安定にとって最も破壊的な要因であることを改めて思い出させます。」

中国政府は台湾を中国の一部とみており、必要に応じて武力で統一する可能性がある。 日本や米国を含むほとんどの国は自治台湾を独立国として認めていないが、 両者とも反対です 他のG7諸国と同様、武力で島を占領しようとするあらゆる試み。

独立を愛する民進党で副総統を務める頼氏は、総統選挙勝利から4カ月後の5月20日に台湾総統に就任する。

同氏は、1992年に「一つの中国政策」に関する合意形成を拒否して以来、2期にわたり国境を越えた緊張が高まっている蔡英文総統の後継者となる。

林氏は、「一つの中国」は国際社会の総意であり、いかなる口実や形であっても「台湾独立」離脱には出口はないという中国政府の立場を繰り返した。

同氏はまた、「台湾の危機は日本の危機である」と主張する日本の人々を「悪意」があり、「明らかに誤算」であると非難した。

2021年12月の安倍首相の発表を受けて、中国政府は日本大使に正式に抗議するよう招待した。安倍首相が健康問題を理由に首相を辞任してから1年以上が経過した。

頼氏は水曜日の安倍首相のコメントには言及していない。 元旦に日本の石川県で発生した地震に対するお悔やみの言葉の中で、彼はX(以前はTwitter)に「日本の危機は台湾の危機だ」と投稿した。

READ  なぜ日本のディスク戦争は別の失敗を証明することができるのですか? 日本