Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾は「宇宙開発競争」に敗れる

  • 謝淑薇と鄭一兒

日本の住友林業と京都大学は来月、国際宇宙ステーションに木材のサンプルを送り、宇宙船工学での実用化実験を行う予定です。

彼らの目標は、来年、世界初の木製衛星を打ち上げることです。 この野心的なプロジェクトは、木材と最先端の宇宙技術を融合させることを想定しています。

このプロジェクトは、木材製品のブランドを高め、森林産業の発展を加速するという日本の野心に触発されました。 森林を戦略的に利用することにより、日本の目標は、炭素吸収源としての森林の役割を強調し、正味ゼロ排出量の達成を支援することです。

台湾と日本は60%以上の森林被覆率と豊富な森林資源を持っています。 しかし、台湾の森林の93%は国有であり、日本の森林の41%だけが政府所有です。

日本の森林産業は、ほとんどが個人所有であり、政府に大きな圧力をかけるのに十分な影響力を持っています。

これにより、日本政府は林業を活性化し、労働者の利益を守ることができました。

東南アジア、ヨーロッパ、南北アメリカの大規模な森林産業からの安価な木材の課題に直面しているにもかかわらず、日本は32パーセントの木材自給率を維持しました。

対照的に、農業委員会の林務局は2017年に国産材の新たな始まりを宣言しましたが、台湾はまだ1〜2パーセントしか自給自足していません。

日本森林庁はまた、森林の炭素隔離政策を推進しているほか、早ければ来年までに国内の材木の成長効率が2倍になり、2030年の国内の材木生産量は2019.。

日本は法律を改正し、政府部門間で調整する「木材使用促進本部」を設立し、企業と企業が生産者と消費者のつながりを改善する木材関連協定に署名できるようにし、木材の安定供給を増やしています。

対照的に、台湾の林業は、1990年代に伐採禁止が導入されて以来、弱体化しています。 これにより、林業会社は野心的ではなくなりましたが、森林の炭素吸収源の概念と台湾の純ゼロ排出量への道は存在しません。

台湾では、森林の炭素吸収源は法律の対象外であるため、森林局は「炭素ビジョン」を備えた森林を開発することがどのようなものになるかをあえて想像していません。

この状況は、森林の全体的な開発には良くありません。 政府と一般市民の間の「炭素隔離契約」は、森林を炭素隔離インフラストラクチャとして扱い、適切に設計された法律と計画を通じて、業界を正味ゼロ排出に向けた台湾の道に導く必要があります。

これにより、森林は炭素隔離のさらに重要な貢献者になることができます。

林業部門は考え方を変え、林業事業はコストを賄うのに十分な利益を上げることができないという古い考えから離れなければなりません。

自然と気候の価値から始めて、炭素に関して4つの側面を最大化することを目指す必要があります:

第一に、植林と再植林、混合農業、林業と限界農地の植林と都市の緑化による炭素隔離。

第二に、森林破壊と森林劣化の削減、持続可能な森林管理、森林火災の管理、病気と害虫の予防による炭素の保全。

第三に、林産物とバイオマスエネルギーの使用を増やすことによって炭素を置き換える。

第4に、土壌炭素貯蔵を強化し、森林を監視し、それらの炭素フットプリントを計算することによって炭素を管理します。

森林局はその役割を取り戻し、2050年までに正味のゼロカーボン排出量への道を歩むことができます。

一枚の落ち葉が秋を告げるのと同じように、日本の木材ベースの衛星研究は、森林の炭素吸収源に関する創造的な想像力と野心を示しています。

台湾は追いつく必要があります。

Hsieh Ying Shihは、Environmental Quality ProtectionCorporationの社長です。 チェン・アイちゃんは財団副事務総長です

ジュリアン・クレッグ訳

コメントはモデレートされます。 記事に関連するコメントを保管してください。 わいせつまたはわいせつな言葉、あらゆる種類の個人的な攻撃、または宣伝やユーザーの禁止を含むメモは削除されます。 最終的な決定は、TaipeiTimesの裁量に委ねられます。

READ  PS5 UK-LIVE:BT、Argos、AOなどからの本日の再入荷ニュース