Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾はフィリピン、インドネシア、日本から輸入されたコロナウイルスの7例を記録しています| 英文台湾日報

TAIBI(Taiwan News)-中央流行疫情指揮センター(CECC)は水曜日(5月5日)にCOVID-19の7つの輸入症例を発表しました。

陳時中(陳時中)保健相と中東教会センターの議長は、水曜日の記者会見で、最新の事件にはフィリピン人、インドネシア人4人、日本人、台湾人1人が含まれると発表した。

フライトから3日以内に実施され、到着時にエピデミック防止ホテルまたは検疫センターに直接送信されたテストでは、全員が否定的な結果を示しました。 連絡先は、感染の過程で症例が他の人と相互作用した場合にのみリストされます。

チェンによれば、事件番号1155は、4月20日に台湾に出稼ぎに来た20代のフィリピンからの移民労働者である。 検疫が近づくと、彼女は5月3日にコロナウイルス検査を受け、陽性の結果を得ました。 5月5日のCtは31です。

事件番号1156は、4月20日に台湾に来た30代のインドネシアの漁業労働者です。 検疫が近づくと、彼は5月3日にコロナウイルス検査を受け、5月5日にこの病気と診断されました。

チェンは、事件番号1157は、4月28日に仕事のために台湾に来た40代の日本人男性のものであると述べた。 彼は5月2日に喉のかゆみと筋肉痛を患い始め、5月3日にウイルスの検査を受けました。 彼は診断されました。 5月5日のCOVID-19では、Ct値は21です。

彼のケースには1人の連絡先が記載されており、その人は適切な保護具を着用していたため、自己健康監視を開始するように指示されました。

事件番号1158は、昨年9月に渡米した20代の台湾人男性です。 米国にいる間、彼は今年3月23日にCOVID-19と診断され、4月11日に台湾に戻りました。

4月26日に検疫を終了した後、彼は帰国しました。 雇用主の要件に従って、彼は5月3日に自発的なコロナウイルス検査を受け、5月5日にCt31の値でCOVID-19と診断されました。彼はIgM抗体とIgG抗体の両方について陽性でした。

保健省は彼のケースで8人の連絡先を特定し、そのうち3人は自宅隔離に入り、5人は自己健康監視を開始しました。

チェン氏によると、事件番号1159は20代のインドネシア人女性であり、事件番号1160は10代のインドネシア人であり、どちらも4月21日に台湾に留学した。 検疫が間もなく終了したため、5月4日に病気の検査が行われ、5月5日にCt33の値のケースNo.1159とCtの値が34のケースNo.1160で陽性の結果が得られました。

事件番号1161は、4月21日に台湾で働くために来た10代のインドネシアの漁業労働者です。 彼の検疫が間もなく終了したため、彼は5月4日にコロナウイルスの検査を受け、翌日COVID-19と診断されました。

発生が始まって以来、台湾はCOVID-19に対して211,543の検査を実施し、209,384の検査が陰性でした。 確認された1160件のうち、1,016件が輸入され、94件が現地で、36件が海軍の「のれん艦隊」から、2件が貨物パイロットのグループから、1件が未解決でした。

確認されたケースとして1人(ケース#530)が削除されました。 最近の1件はまだ特定されておらず、11件はまだ調査中です。

これまでに、国内で12人がこの病気で亡くなり、1074人が隔離から解放され、74人の患者がまだ治療を受けています。

サイクル閾値(Ct)は、PCRテストの蛍光を検出できるサイクル数を示します。 サイクル数が多いほどウイルスが検出されない時間が長くなり、サイクル数が少ないほど最近の感染が発生するため、ウイルス量が増加します。

抗体検査は、COVID-19感染が発生したかどうか、どの段階に到達したか、そして人がまだ伝染性であるかどうかを判断するために使用されます。 IgM抗体とIgG抗体の両方が陰性の場合、感染の証拠はありません。

IgMが陽性で、IgGが陰性の場合、これは患者が病気の初期段階にあることを示しています。 IgMが陽性で、IgGが陽性の場合、患者は疾患の中間段階にある可能性が高く、IgMが陰性でIgGが陽性の場合は、患者が回復段階にあり、伝染性ではないことを示します。

READ  3月の日本での家計支出は4ヶ月ぶりの上昇を記録