Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

台湾は日本の核廃水排出準備を注意深く監視している

台湾は日本の核廃水排出準備を注意深く監視している

台北、8月22日(CNA)日本が8月24日から廃止された福島原子力発電所からの放射性物質を処理した水の放出を準備している中、台湾の原子力委員会(AEC)は火曜日、台湾周辺海域を注意深く監視すると発表した。

AECのプレスリリースによると、講じられた措置には、放射性水の放出に関するデータ収集のための省庁間の協力、海洋放射線レベルの綿密な監視、放射性廃棄物がどこまで拡散するかを推定するためのモデルの構築などが含まれる。

NHKによると、日本政府は火曜日に関係閣僚会議を開き、廃炉となった福島原子力発電所の放射性物質を処理した水を8月24日から海洋放出することを決定した。

AECは、台湾周辺海で獲れた魚介類の放射線レベルを検査し、輸入食品の検査を強化するために、すでに保健福祉部、農業省、海洋委員会と協力していると述べた。 環境と消費者の安全を確保するために日本から。

さらに、これらの検査は日本が浄化した放射性水を放出した後も継続し、その結果を比較して政府の対応に変更が必要かどうかを確認すると付け加えた。

また、2011年の福島原発事故後、AEC傘下の原子力研究所は中央気象局と協力して海水中のトリチウム濃度レベルのデータ収集を行っている。 2年以内に台湾に到達すると推定されており、台湾周辺海域への危険な影響はない。

AECは、日本が処理水を放出した後も分析を続け、海水中に予想されるトリチウム濃度レベルの予測を提供すると述べた。

日本が浄化した放射性水を放出する計画がある中、中国、韓国、米国、カナダなど11カ国の専門家からなる国際原子力機関の専門家チームが5回来日し、7月4日に同国の計画を発表した。 国際安全基準に準拠しており、環境や人への危害の心配はほとんどありません。

一方、環境保護団体は日本の決定に強い不快感を表明した。

ノー・ニュークス・台湾は火曜日、日本政府の決定を非難する声明を発表し、処理済み核廃水の海洋放出に引き続き反対すると述べた。

同団体は、9月18~19日に開催される国連SDGサミットに先立って、ニューヨークの国連本部前でのキャンペーンに参加すると発表した。

グリーンピース台湾は台湾政府に対し、台湾の漁業を保護するために必要な査察を実施し、漁業への損害の補償を求めるために日本の関係者と交渉するよう求めた。

同団体は、台湾で福島事故のような災害が起こらないようにするために、台湾はエネルギー源としての原子力発電を廃止すべきだと付け加えた。

(ジョイ・チェン、バーナデット・シャオ)

エンドアイテム/KB

READ  円が主要な150レベルを超えた後、日本は介入の脅威を提起します