Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

同社は40年間日本に輸出してきました

クオリティフーズサウスランドのCEO、キャメロンスコットが、日本向けの商品のコンテナの前で。

カビタヘラス/主題

クオリティフーズサウスランドのCEO、キャメロンスコットが、日本向けの商品のコンテナの前で。

インバーグの食品輸出業者は、日本への輸出40周年を祝い、Kovit-19以前の取引ブロックにすぐに戻ることを望んでいます。

Quality Foods Southlandは冷凍シートペストリー、クロワッサン、ホワイトソース、クッキーを多くの国に輸出していますが、日本は最大の市場です。

キャメロン・スコット最高経営責任者(CEO)は、過去8か月間に、Tier1ディーラーとスーパーマーケットチェーンの2人の新しい日本の顧客が到着したと語った。

スコット氏によると、日本の新規顧客は、同社をコビット以前の全体的なビジネスレベル(年間約3000万ドル)に戻すだろうという。

続きを読む:
*インバーカーの不動産所有者は、入居予定者のために戦い続けています
*失敗したフードシステムのコードを破る。
*南部の百万ドルの住宅販売の大幅な改善

スコット氏によると、同社は年間15〜20%の成長を遂げており、売上高は6か月前の壊滅的な規模から20%減少しているが、貿易水準は2022年までに流行前の水準に戻る可能性があるという。

また、オーストラリア、香港、タイ、中東に輸出し、食品用の6つのパームスペストリー製品を製造しています。

政府19の流行は、ホテルの提供から「より強力な」小売市場への移行も意味すると彼は述べた。

スコット氏によると、日本はニュージーランドのミルクとバターが好きで、世界の個々のペストリーを消費したため、強力な市場でした。

日本には厳しい食品基準があり、最近インバーカーの工場に追加されたX線装置は、1ミリメートルあたりの汚染物質の6分の1を検出します。

Quality FoodsSouthlandのCEOであるCameronScott氏は、右、製品を見て、日本に課せられたベルトコンベアに乗って出かけます。

カビタヘラス/主題

Quality FoodsSouthlandのCEOであるCameronScott氏は、右、製品を見て、日本に課せられたベルトコンベアに乗って出かけます。

40年のマイルストーンに到達したことで、日本市場における同社の信頼性と存在感が確認されたと彼は語った。

QFSは日本市場での成長を継続したいと考えています。

月曜日、最初のQFSコンテナが日本に向けて出発してから40年になります。

さらに、製品コンテナは水曜日に40年の同じ日本の顧客に行くために作られました。

同社の次の目標は、韓国に商品を輸出することです。

同社は自宅近くで、50万ドルから100万ドル/年の再投資戦略を継続しながら、50万ドルのクッキー税を導入することを計画しています。

約100人のフルタイム相当の従業員を擁する同社は、来週、工場の新しいシフトを埋めるために10人の熟練および半熟練の仕事の宣伝を開始します。

スコット氏はまた、他のサウスランド事業の出荷の遅れを感じ、オーストラリアのコンテナは予定より2〜4週間遅れていたが、アジアの輸送はより信頼性が高かったと付け加えた。

ニュージーランドのきれいな緑の数字は過去12か月で増加しており、「できればそれを利用したい」と彼は語った。

READ  オールブロックスグレートリードは彼が日本に政府を持っていたと言います