Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

名古屋エリアのナイトライフバーやレストランでは、職場で共有のCOVID-19ワクチンを入手できます。



2021年6月16日、名古屋中区でコロナウイルスの大流行により一時的に閉鎖されたバーでフィリピン人従業員のグループが話しているのが見られる(毎日/高井ひとみ)

名古屋-バー、レストラン、カラオケバーなど、名古屋の歓楽街にある約50の施設のグループが、6月16日に職場のコロナウイルスワクチンの要請を国に提出しました。

ナイトライフ企業による職場でのワクチン接種の一般的な適用は、国内ではまれなケースであり、63歳のフィリピン人バーの所有者は、「ワクチン接種を進めることによって、(娯楽エリアの)悪いイメージなどのクラスターが感染を回復し、地域の喧騒が戻ってくることを願っています。」

名古屋の人気の栄地区には、中区役所のほか、池田公園周辺の歓楽街があります。 愛知県都心部のレクリエーションエリアにある46の施設は、7月上旬の共同予防接種を目指しており、1日あたり約250人に接種すると推定しています。 同グループは、予防接種の際に、日本語を話さない従業員のために通訳を準備する予定であると述べた。

2020年夏、坂井郡のホストクラブやホストクラブなどでコロナウイルスの集会が発生しました。ナイトライフエリアは大衆からの攻撃を受け、顧客数は急激に減少しました。 パンデミックの最中に一時的な閉鎖要請が繰り返されたため、従業員の給与や家賃の支払いが困難になっている組織が増えているようです。

フィリピン人バーで働く外国人従業員からは、「最初の試験紙を渡しても理解できない」「外国人は予防接種から除外される可能性がある」などの懸念が表明されています。 感染を恐れて母国に帰れない社員も多い。 同グループは、職場で予防接種を実施することにより、ワクチンが多くの従業員に届くようになることを発見したと述べた。

堺のフィリピン人バーでホステスをしている33歳の女性は、「職場のサポートでワクチンがもらえるので安心します。たくさんのお客様に安心していただけるのが待ち遠しいです。以前のようにここに来てください。」

(名古屋ニュースセンター高井ひとみによる日本語原文)

READ  失業中のピアーズ・モーガンがアント&デックからの「侮辱的な」有名人の求人を非難