Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

商船三井、COP28ジャパンパビリオンに海運会社として唯一出展 – 風力エネルギーを利用して船舶を推進する技術「ウィンドチャレンジャー」と「ウィンドハンター」を展示

商船三井、COP28ジャパンパビリオンに海運会社として唯一出展 – 風力エネルギーを利用して船舶を推進する技術「ウィンドチャレンジャー」と「ウィンドハンター」を展示

商船三井は、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第28回締約国会議(COP28)の環境省主催ジャパンパビリオンへの出展が決定したと発表した。 。 )は、2023年11月30日から12月12日までアラブ首長国連邦のドバイで開催される予定です。ジャパンパビリオンに参加する海運会社は商船三井のみです。

気候変動枠組条約の締約国会議(COP)は、国際機関、国や地方自治体、非政府組織、企業が一堂に会し、地球温暖化を抑制するための国際的な動向やルールについて話し合う国際会議です。 COPは1995年から開催されており、今年で28回目(COP28)を迎えます。 ジャパンパビリオンでは、模範的な日本の製品やサービス、気候変動への取り組みを世界に紹介します。 商船三井は、「風力発電技術を船舶に活用する」をテーマに、次世代風力帆「ウィンドチャレンジャー」やグリーン水素製造船「ウィンドハンター」を展示します。

<أول سفينة مجهزة بـ Wind Challenger، SHOFU MARU>

ウィンドチャレンジャーは、2022年10月に竣工した当社所有・運航船「松風丸」に初めて搭載され、2030年までに25隻、2035年までに80隻に搭載される予定です。

ウィンドハンタープロジェクトは、2030年頃までに大型商船の開発を目指しており、海洋グリーン水素の製造とエネルギー供給の新たなビジネスモデルの創出を目的とした実証実験が行われている。

商船三井グループは、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量実質ゼロを達成し、人、社会、地球の持続可能な発展を推進するための新たなロードマップとして「商船三井グループ環境ビジョン2.2」を策定しました。 ウィンドチャレンジャーとウィンドハンターをエネルギー効率の高い技術の導入と低炭素・ゼロカーボンビジネスの拡大に向けた取り組みと位置付けている。 当グループは、国連気候変動会議(COP28)の日本パビリオンでの展示機会を活用し、これらの技術とその取り組みを大々的に紹介し、さまざまなパートナーと協力して脱炭素社会の実現を目指します。 。

商船三井グループのサステナビリティ課題5

商船三井グループは、グループビジョンの実現を通じて社会とともに持続的に成長していくための重要課題として「サステナビリティ課題」(マテリアリティ)を特定しています。

本取り組みは、特に「Environment ~海洋・地球環境の保全~」と「Innovation ~海洋技術開発の革新~」の実現に貢献するものと期待しております。
出典:三井オスクラインズ

READ  英国のPS5の再入荷-ライブ:PS5ゲームコンソールは在庫切れであり、大幅な値下げが間もなく予定されています