Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国会議員は、日本との貿易協定で議会を迂回したとしてバイデンを非難する

国会議員は、日本との貿易協定で議会を迂回したとしてバイデンを非難する

火曜日の議員らは、バイデン政権が日本と結んだ限定的な貿易協定を厳しく非難し、議会と国民が検討できるようにするべきであり、環境と労働者に対する重要な保護が欠けていたと述べた。

ニューヨーク・タイムズが見た声明の中で、マサチューセッツ州選出のリチャード・E・ニール下院議員は、ウェイ・アンド・ミーンズ委員会の民主党の有力議員であり、ロン・ワイデン上院議員、オレゴン州民主党、財政委員会の委員長は、この合意を「容認できない」と述べた。 .”

「実行可能な環境保護や労働保護がなければ、政権は労働中心の貿易政策を放棄し、さらに別の環境災害への扉を開くことで、私たちの気候変動対策を危険にさらしている」と、貿易問題で議会で最も強力な2人の民主党員である議員は書いた.

彼らは、「合意は透明性を持って作成され、署名のかなり前に有意義なレビューのために一般に公開されるべきであり、インクが乾いた後ではありません」と付け加えました。

バイデン政権は月曜遅く、自動車用バッテリーの製造に使用されるリチウム、コバルト、ニッケルなどの重要金属の供給に関して日本と合意に達したと発表した。 この合意は、米国をよりクリーンな自動車とエネルギー源に移行させるために 3,700 億ドルを投資するインフレ削減法の条件をめぐる同盟国との対立において、バイデン政権に潜在的な解決策を提供します。

この法律は、北米で電気自動車を製造する企業や、米国または自由貿易協定を結んでいる国からバッテリーの材料を調達する企業に対する寛大な税制上の優遇措置など、その恩恵を享受できなかった一部の同盟国を怒らせました。 このカテゴリには、日本または EU 諸国は含まれません。

しかし、インフレ削減法は何が自由貿易協定を構成するかを技術的に定義していないため、米国当局者は回避策であると信じているものを見つけました。 彼らは、代わりに限定的な貿易協定に署名することで、各国が要件を満たすことができると主張しています。 今週、財務省は、法律の条項を明確にする規則案を発行する予定です。


タイムズのレポーターが政治をどのようにカバーするか。 私たちは、ジャーナリストが独立したオブザーバーであることを信頼しています。 したがって、タイムズの従業員は投票することはできますが、候補者を支持したり、政治的な理由で選挙運動を行ったりすることは許可されていません。 これには、運動を支援するための集会や行進への参加、政治的候補者や選挙のための寄付や募金が含まれます。

月曜日遅くに米国通商代表部が配布したファクトシートによると、米国と日本は、電気自動車に動力を供給する金属の労働基準と環境基準を引き上げることを奨励すると約束した。 両当事者はまた、リソースのより効率的な使用を促進し、他の事業の中でも特に、このセクターにおける外国企業からの投資を見直す方法について協議することを約束しました。

月曜日の記者団との電話で、高官は、バイデン政権が議会と協議し、議員から意見を得たと述べた。 しかし当局者は、政府には承認のために議会に提出することなく限定的な協定を交渉する権限があると述べた.

米通商代表部のキャサリン・テイ氏は火曜日に合意書に署名する予定だった。

ニール氏とワイデン氏は声明で、「この合意が適切であることは明らかだ」と述べた。 タイ大使が先週我々に警告したように、政権は一方的に自由貿易協定を締結する権限を持っていない.

政権当局者は、議会の主要メンバーは常に米国の同盟国を法律の利益に含めることを意図していたと主張した. しかし、他の議員は、バイデン政権が新しい貿易協定に関する議会の権限を無視していると批判しており、これはトランプ政権でも頻繁に使用されている戦術です.

火曜日の声明で、R-ミズーリ州のジェイソン・スミス下院議員で、ウェイ・アンド・ミーンズ委員会の委員長は、日本との合意は重要な鉱物サプライチェーンを中国からそらすものではないと述べた。

「同様に恥ずべきことは、バイデン政権ができるだけ多くのグリーンな企業福利厚生小切手を作成するために、アメリカ法の平文を歪曲しているという事実です」とスミス氏は述べた。 「政権はアメリカ国民に対して透明性を欠いており、この協定がアメリカの労働者に与える影響の分析を提供しなかったことを含め、議会が提起した主要な懸念を無視した.」

火曜日に、民主党のダン・キルディー下院議員は、政権が取り決めに関して間違ったアプローチを取っていると述べた。

「新しい自由貿易協定を締結したいのであれば、政権は議会に出るべきだと思う」と彼は声明で述べた.

READ  中国と日本企業が交渉中