Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国務省。 マイクポンペオに贈られた5,800ドルのジャパニーズウイスキーの紛失を調査

マイクポンペオ

ビザモイラニン/レックス マイクポンペオ

米国務省は現在、日本政府が2019年6月に元国務長官マイクポンペオに贈った5,800ドルのジャパニーズウイスキーの所在を調査しています。

に投稿された通知で 連邦官報、ポンペオ自身が贈り物を受け取ったかどうかは不明ですが、ウイスキーの所在は「保留中」と記載されています。 お気に入り ニューヨークタイムズ 報告によると、ポンペオは現在57歳で、ギフトが配達されたと言われる日にサウジアラビアにいましたが、アウトレットは1週間後に日本に旅行したと述べています。

国務省のファイルによると、国務省はウイスキーのサイトについて「問題を調査しており、継続的に調査を行っている」とのことです。

ポンペオの弁護士、元国務長官のウィリアムA.バークは、NBCニュースに送られた声明の中で述べた。 どこかわからない ウイスキーは終わりました。

「ポンペオはそのウイスキーのボトルにどう対処するかわからない」とバークはアウトレットに語った。

別の声明で フォーブス「ポンペオ氏はウイスキーのボトルを受け取った記憶がなく、何が起こったのかを知らない。彼はその所在についての調査も知らない」とバークは説明した。

関連している: 世論調査によると、アメリカ人の60%が、ドナルド・トランプの2024年の入札は「国にとって悪い」と述べています。

日本政府が2019年5月に元国家安全保障補佐官のマシューポティンガーに贈った8,374ドル相当のウイスキーの別のボトルも、連邦官報に「保留中」の処分として記載されています。

国務省は、米国当局に贈られた約400ドルを超える贈答品の所在を記録および追跡する必要があり、当局はその贈答品を政府に渡すか(たとえば、国立公文書館で使用するため)、購入する機会があります。個人的な使用のため。

たとえば、ドナルド・トランプ前大統領は、モンゴル大統領からのカシミヤ毛布や、オーストラリア首相からの贈り物である彼と彼の妻メラニアの額入り写真など、受け取ったいくつかの贈り物を国立公文書館に手渡しました。

今年の初めに、国務省の監察官事務所は、ポンペオが 2024年のレースを考える 大統領のために-彼の妻、スーザンポンペオは、従業員にそうするように頼むことによって連邦倫理に違反しました 個人的なタスクを実行する

NS 移行 彼は、独立した監視人は、「秘書とポンペオ夫人の両方が、秘書室の政治任命者と他の従業員に、私物の受け取り、政権の使命とは関係のないイベントの計画など、個人的な性質の仕事をするように要求したことを発見しました。ペットの世話やカードの個人的なクリスマスメールの送付などの個人的なビジネスを行う。」

READ  ウィリアムとハリーは、ダイアナ像の除幕式のためにゲストリストを大幅に縮小しました