Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国営肥料工場:白象は今

「LNGの価格は世界中で日々上昇しているため、国は天然ガスを無駄にしたり、安く売ったりする余裕はありません。」

エネルギーの専門家であるイジャズ・フセイン博士

工場は大量の天然ガスを消費しますが、現代の工場よりもはるかに少ない尿素肥料を生産します。

政府の電力システムマスタープランによると、国営の4つの肥料工場でわずか9日間でガスを浪費するだけで、1日あたり約9,000メガワットの電力を生産できます。

関係する4つのプラントは2019-20会計年度に7.96千トンの粒状尿素を生産し、尿素製造の主成分である必要なガスの約2倍を消費しました。

バングラデシュ化学工業(BCIC)の文書によると、世界標準が2,500万立方フィートの場合、4つのプラントは平均して4,372万立方フィートのガスを消費して1トンの尿素を生成します。

BCICの下で操業している工場は、Jamuna Fertilizer Co Ltd(JFCL)、Ashuganj Fertilizer and Chemical Company Limited(AFCCL)、Chittagong Urea Fertilizer Ltd(CUFL)、Shahjalal Fertilizer Company Ltd(SFCL)です。

政府当局者は、この効率の低下は、何年にもわたって修理が行われず、ガス供給が中断され、熟練した人材が不足している古い機械に起因すると考えています。

4つのプラントのうち、AFCCL、CUFL、およびJFCLプラントはすでに20年の寿命を使い果たしています。 AFCCLとCUFLはそれぞれ1981年と1987年に委託され、JFCLは1991年に生産を開始しました。

わずか5年前に生産を開始したシレットでのSFCLのパフォーマンスはすでに低いです。

対照的に、このセクターで唯一の多国籍合弁会社であるKarnaphuli Fertilizer Company Limited(KAFCO)は、消費と生産比率の世界基準とほぼ同等です。

1991年から委託されたKAFCOは、2019年から2020年に2,797万立方フィート/トンの効率で5.3万トンの尿素を生産しました。

専門家は、州の工場の効率の低さは何年もの間秘密であったと言いました。 この廃棄物はすでに急速に枯渇している天然ガスの埋蔵量を強調し、莫大な経済的損失を引き起こしています。

彼らは、これらの工場は年を追うごとに増加する政府の支援を受けて運営されていると付け加えた。

産業省の年次報告書2019-20によると、2015-2016会計年度のこれら4つの工場への補助金は235クローレタカでしたが、2019-20会計年度にはほぼ3倍の659クローレタカを超えました。

著名なエネルギー専門家のイジャズ・フセイン博士は、政府はここで大きな問題を抱えていると述べた。

「老朽化した工場は、燃料を大量に必要とする古いモデルの車のようなものですが、新しいものを購入する能力がないため、それを取り除くことはできません。生産を停止すると、国は尿素不足に直面します。バングラデシュ工科大学(Buet)の元教授であるIjaz博士は、次のように述べています。

バングラデシュは毎年約24.41千トンの尿素を必要としています。 農業省によると、このうち国営工場は約8.77千トン、残りの1万6千トンは輸入されている。

イジャズ博士は、古くて老朽化した肥料工場での生産を継続することに反対していると述べ、次のように付け加えました。 」

古い機械、低効率に起因する不十分なガス供給。 政府の支援は今年も増え続けています

「工場は補助金付きの価格でガスを入手している。しかし、経済的に実行可能であるためには、LNGの世界市場価格での生産コストを計算しなければならない」と彼は述べた。

彼は、途切れないガス供給が効率を改善するための鍵であると言いました。

シレットでのSFCLの効率の低さについて、彼は「提案された設計がその建設に従わなかったため、効率的に機能していない」と述べた。

BCICの高官は、設計にいくつかの欠陥がある可能性があることを認め、この事件は現在調査中であると述べた。

終わりのないサイクル

政府の推定によると、過去5年間で、4つのプラントでのガス損失は約67727,250百万立方フィート、つまり1日あたり約37,110百万立方フィートに達しました。

政府は、2016年のエネルギーセクターマスタープラン(PSMP)で、このようなガス廃棄物を全国で認めました。

PSMP 2016スキームによれば、国際基準に準拠していれば、国は1日あたり130mmの標準立方フィートのガスを供給できたはずです。これは1,000メガワットのエネルギーに相当します。

レポートはまた、効率を改善するためにさまざまな推奨事項を作成しましたが、ほとんど変更されていません。

過去5年間で、現在廃止されているPalash Urea FertilizerPlantとGorashalUrea FertilizerPlantを含む6つの政府所有の肥料工場は、平均効率39.42 Mscf / tonで42.8万トンの尿素を生産しました。

政府は2018年に古いPalash尿素工場を閉鎖し、翌年にはGurashalを閉鎖しました。

関係する4つの工場のうち、Shah Jalal FertilizerFactoryのみが定期的に稼働しています。 BCICのデータによると、昨年、CUFLは359日間、Ashuganjは211日間、JFCLは206日間廃業しました。

AKMのマネージングディレクターであるAnowarulHaque氏は、先月、修理とメンテナンスのために工場を閉鎖したと語った。

「40年の歴史を持つ工場では最高の生産が得られないのが普通です。10年ごとに修理を行っています。作業を再開するにはさらに3か月かかります」と彼は言いました。

Shah Jalal肥料プラントは、3,433万立方フィート/トンの効率で尿素を生産する最先端の廃棄物プラントです。

工場のゼネラルマネージャー(運営)であるSunil Chandra Dasは、機械が100%で稼働していれば、最適なレベルで尿素を生産できると述べました。

彼は最近DailyStarに、「マシンは80〜82%の負荷で実行でき、手動で負荷を増やすオプションはありません。試運転を行ったときに25mscf / tonで尿素を取得することすらできませんでした」と語った。

彼は、プラントの効率は2250万立方フィート/トンであると思われると言いました。

設計が正しく守られているかどうか尋ねられたとき、Sunilは「おそらく設計に問題があった」と述べた。

産業省の年次報告書2019-2020によると、政府は年間5.8千トンの容量で5,409ルピーのSFCLプラントを建設しました。

しかし、過去5年間で、米国とオランダの技術を使用して中国企業によって構築されたSFCLの平均年間生産量は約3.4トンでした。

より良い形のカフコ

政府の出資比率が43.5%の合弁会社であるKAFCOは、過去5年間で20.7万トンの尿素を約2,876万立方フィート/トンの効率で生産しました。

その効率は、Karnavoli Gas Distribution Company Limited(KGDCL)のガス配給データから計算されました。

当局は、適切なメンテナンスを行うために多額の投資を行っているため、KAFCOは成功していると述べました。

ディレクター(生産・研究)のShaheen Kamal氏は、次のように述べています。「政府はKAFCOから尿素を輸入価格で購入しており、その収入はメンテナンスに投資するのに十分です。 2010年からやるべきことです。」 )バングラデシュ化学工業公社(BCIC)の。

KAFCOの場合、政府も輸入価格でガスを販売している。

なぜ損失?

Shaheen Kamalは、尿素をはるかに安い価格で政府に販売していると述べた。

「現在、輸入価格が約72,000タカであるのに、1トンあたりわずか14,000タカを政府に請求している。1トンあたり58,000タカを政府に提供している」と彼は述べた。

古い機械と低生産の低ガス圧の欠点として。

「この現代のような1990年代の機械から必要なサービスを受けることはできません。私たちは効率を上げようとしていますが、時間がかかります。」

ジャムナ肥料の例を挙げて、彼は、プラントはほぼ毎日稼働しているが、年間330日間低いガス圧を経験していると述べた。

「これらのプラントの経済的寿命は大幅に短縮されました。機械の寿命は約30〜40年であり、機械に余分なストレスをかけています。TkRs3に相当するガスを必要とする機械を始動するには8〜10日かかります。クロール」と彼は付け加えた。

BCICのShahImdad-ul-Haq会長は、ガスの浪費の報告は知らないと述べた。 「私たちは22タカで尿素のユニットを生産し、14タカでそれを販売します。それが私たちが損失を被る理由です。」

READ  ハルビアは日本限定のサウナ&スパ市場に参入