Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国家開発に不可欠なケララと日本のパートナーシップ:産業大臣

ケララ州産業相BRajivは土曜日、ケララ州と日本のパートナーシップが州の発展に不可欠であると述べ、ケララ州の日印商工会議所(INJACK)にハイブリッド方式でジャパンメラを再開するよう要請し、政府の支援を提供した。 Rajivは、近くのINJACK本社を訪問している間、「Japan Mela」、高知での日本のビジネスグループの結成、さまざまなビジネス会議などのプロジェクトを支援しました。

「ピナライェンビジャヤン首相は2019年に来日しました。会議は非常に前向きでしたが、コビッドのパンデミックのため、政府は前進できませんでした。

ケララ州と日本のパートナーシップは、国の発展に不可欠です。 私たちは何年にもわたって多くの実りあるビジネスパートナーシップを見てきました。 「それを更新する時が来た」とラジブは声明で述べた。

INJACKは、ジャパンメラをハイブリッド方式で再開するよう要請し、政府の支援を提供しました。

2018年に市内で開催されたジャパンメラフェスティバルには2万人以上が参加しました。

日本のビジネスグループは、海運、観光、様々な工芸品などの分野に焦点を当てます。

産業大臣は、ケララ産業インフラ開発公社、KINFRAがINJACKと提携して高知に日本のクラスターを形成し、ビジネスを支援するよう求められることを会議に通知した。

会議には、INJACKの他の代表者とともにCochin ShipyardLimitedの会長兼マネージングディレクターでもあるINJACKの会長であるMadhuSNairが出席しました。

ナーヤルはINJACKの活動を説明し、ケララ州の企業が日本の産業とつながるための支援を提供するよう大臣に要請した。

彼は、情報技術、水産業、医療技術、電子機器、観光、人工知能などの分野で州が提供できる専門知識について大臣に説明しました。

会議には、INJACK事務局長のCA Jacob Kufuorと、外部芸術奨学金協会(ASA Kerala)同窓会の会長であるE.V.Johnおよびその他のINJACK関係者が出席しました。

また、日本語とコミュニケーション能力を身につけることの重要性についても話し合いました。

INJACKでは定期的に日本語レッスンを行っています。

一方、INJACKは、南国と島国との貿易関係を構築するために、日本に日系の契約担当官を任命することを検討するよう州に要請した。

当局は、ギャップを埋め、ビジネスの繁栄を促進するために、ケララ州を代表する必要があります。

大臣は前向きに対応し、政府が検討できるように提案を提出するようINJACKに要請した。

今後数週間で、ラジブは日本政府の代表者やケララ州のビジネスリーダーとのオンラインビジネスミーティングを数回開催します。

READ  ノーフォーク和牛の群れは、家族経営の農場の多様性を高めます