Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国連は日本の移民法改革に疑問を表明

日本の政治家は、一部の外国人の長年の拘禁に対処するために、国の移民法の改正について話し合っています。 しかし、国連。 彼らは状況を変えるためにほとんど何もしないだろうと言って、それはすでに提案に反対している。

ある専門家によると、この問題は政策の問題ではなく、日本社会全体を支配する外国人の見方に関係しているはずだという。

「私の娘は、他人に献身している親切な人です。」

名古屋の集落で亡くなったスリランカの女性、ヴィシュマの母親が4月16日にオンライン記者会見を開いた。 彼は日本政府と入国管理局に彼の娘に何が起こったのかを説明する声明を発表するよう求めた。

ヴィシュマは4年前にスリランカから来日しました。 彼は日本語学校に通っていたが、授業料を払えなくなったために辞めなければならず、学生としての地位を失った。 ビザを高く保った後、彼は6ヶ月間拘留されました。 拘留中、彼は重病になり死亡した。 Vishmaです。33歳。

ヴィシュマの母親と2人の姉妹は、4月16日にオンライン記者会見を開きました。

日本の入国管理局は、国内に滞在するほとんどの外国人に国外追放命令を出します。 これらの事件の90%近くで、命令の対象となる人は従い、国を去ります。 しかし、庇護希望者を含め、そうでない人々は拘留されます。 政府はこれらの拘禁に制限を設けておらず、それは数ヶ月あるいは数年も続く可能性があります。

移民法改正案では、国外追放命令を受けた外国人は、一定の条件が満たされた場合、出国するまで家族や支援者と一緒に暮らすことができます。

それでも 国連人権理事会と国連安全保障理事会は、敵対行為の即時終結を求めています 計画に反して出てきた。 彼らは、国外追放のために拘留を使用するという基本原則は変更されておらず、新しい措置は例外的な場合にのみ、入国管理当局の裁量で使用できると主張している。 彼らは、司法審査なしに移民を無期限に拘留する慣行が続くと言っています。

国連は、当局が難民認定を3回以上申請した者を強制送還することを認める改正は、国際法に違反する可能性があると警告している。 しかし、日本の上川陽子法務大臣は、批判は見当違いであると言います。

「改正案は、国際法学者、弁護士、ボランティア関係者などの専門家委員会で検討された。国連委員会が事前に日本政府の説明を聞く機会があれば、理解を深める改正案になるだろう。背景、内容、メリット」と語った。

国際法の専門家である明治大学カジュイン大学の安倍公木教授は、東京の優先事項が厳格な国境を維持している限り、国連と日本政府の反対意見を一致させることは難しいだろうと述べています。

「これが、日本政府が滞在するのにふさわしくないと考えられている外国人を国外追放するように導くものです」と安倍首相は言います。 「このため、それは誰の権利が最小限に保護されるべきかへの障壁を設定します。一方、国連はすべての人間の権利、彼らの居住状況、そして国に対する国境管理の重要性を保護することを信じています。」

和島
スリランカの33歳の女性Vishmaは先月、名古屋中心部の集落で拘留中に亡くなりました。

近年、人手不足に直面している日本は、社会の多様性や多文化主義について、もっとオープンになりたいと語っています。

しかし、安倍首相は、これは政府自身の条件の下でのみ行われることに注意する価値があると述べています。

「日本政府にとって、人々が外国人とともに政府によって統治されるコミュニティを作ることは重要です」と彼は言います。 「政府は、この政策は国連によって承認されていないと言っていると思います。」

国連の人権への懸念と日本の国民性との間には明らかなギャップがありますが、国際社会でその地位を獲得するためには、日本はこのギャップを埋める必要があります。 安倍首相は、もし国が本当に意味のある法改正に取り組みたいのなら、外国人をどのように扱うかを一生懸命見なければならないと言う。

READ  若い日本の議員は、広く開かれたPMレースの力として浮上しています