Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国連気候変動会議で首脳レベルの会合が始まる

国連気候変動会議で首脳レベルの会合が始まる

アラブ首長国連邦で国連気候変動会議COP28の首脳級会合が始まった。

金曜日、130以上の国と地域の首脳がドバイに集まった。 彼らは2日間にわたって演説を行う予定だ。

猛烈な火災、致命的な干ばつ、そして観測史上最も暑い年の中、地球のバイタルサインは悪化しているが、まだ手遅れではないと国連のアントニオ・グテーレス事務総長は述べた。 同氏は国連気候変動会議(COP28)を人類の未来への新たな希望とする重要性を強調した。

国連事務総長は世界の指導者に対し、化石燃料の使用を止めるための具体的な措置を講じるよう要請した。

「1.5度の制限は、最終的にすべての化石燃料の燃焼をやめた場合にのみ可能となる。削減するわけではない。緩和するわけでもない」と述べた。

岸田文雄首相は同日遅く、2050年までのカーボンニュートラル達成に向け、クリーンエネルギーの利用拡大により温室効果ガス排出量を着実に削減する国の計画について説明する予定だ。

岸田氏は、産業革命前と比べて気温上昇を1.5度に抑えるという目標達成に向け、国際社会をリードする決意を示すことが期待される。 日本の技術や投資支援を通じた他国への貢献について説明する予定だ。

READ  TSMCは日本に新工場を設立し、台湾のホットスポットを超えて多角化を進めている