Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際ふぐ機関、日本から輸入されたふぐは安全に食べられると発表

国際ふぐ機関、日本から輸入されたふぐは安全に食べられると発表

クアラルンプール(ロイター) – マレーシア人は、安全に食べるための包括的な安全規制のおかげで、日本から輸入されたフグを安心して食べることができると日本の当局者が日曜日に述べた。

日本国際ふぐ協会の古川幸広会長は日曜、ベルナマ市に対し、日本からふぐが流通している国にはマレーシアのほか、シンガポール、米国、オーストラリア、ロシアも含まれると語った。

同氏のコメントは、ジョホール州クルアンで、適切に処理されていなかったとみられる有毒なフグを知らずに食べた高齢者2人が死亡した数カ月後に発表された。

古川氏は、魚を楽しむ人は、日本では厳格な安全規制に従って加工されたフグやフグが流通、輸出できることを知っておくべきだと語った。

フグには約440種類いると言われていますが、マレーシア近海でよく獲れるフグ(Lagocephalus lunaris)は毒性が強いため食用ではありません。

日本では、厳しく審査された安全対策のおかげで、地元の人々は毎年約1万トンのふぐを安全に楽しんでいます。

古川氏は日本の安全基準について説明し、どの漁場でどのフグの種類や部位(肉、皮、睾丸)が食用に適しているかを政府が決定し、地方自治体が認定調理師に魚を扱う免許を発行していると語った。

これらの調理人は、許可されたふぐの種類を識別し、試験でふぐの有毒な部分を除去する技能をテストする能力を評価するふぐさばきの資格を取得する必要があります。

古川氏によると、フグの加工は有資格者がいる民間施設のみが許可されているという。

日本の厚生労働省が定めた基準に従って加工されたフグ製品を消費することで、マレーシア人も日本と同じ美味しいフグ料理を楽しめるはずだと国際ふぐ協会会長は付け加えた。

「日本からマレーシアに輸入されるフグの実際の数は不明だが、年間約1トンと推定される」と同氏は述べた。

同氏はまた、外国の食文化と多様性に対する深い理解により、マレーシアが日本の伝統的な珍味であるフグを提供できることで、観光客や美食家の間で人気が高まるだろうと述べた。

フグは高級魚として世界的に知られているため、高級レストランにとっても経済的メリットがあるだろうと同氏は語った。

ふぐは他の魚に比べてアミノ酸やコラーゲンが豊富で、脂肪や筋肉が少なく、油で揚げてもしっかりとした歯ごたえとピリッとした旨みが特徴です。 古川氏は、これらの特徴により、高級マレーシア料理や中華料理、さらには日本料理にも理想的な食材になると語った。

「日本でのフグ食中毒のほとんどは、個人が自分で釣ったフグを調理したことによって引き起こされている。そのため、日本政府と地方自治体は、アマチュアによるフグ調理の禁止を啓発するキャンペーンに乗り出した」と同氏は述べた。

READ  LTSC は、リトル トーキョー/スキッド ロウの手頃な価格の住宅開発業者としての大宮の立ち上げを祝います