Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際オリンピック委員会によると、日本で非常事態が続いても東京オリンピックは開催されるという。

国際オリンピック委員会(IOC)の上級幹部は、金曜日に東京オリンピックを続けるべきだと述べた。

東京オリンピック担当IOC副社長のジョン・コーツ氏は、COVID-19により市内やその他の地域が非常事態に陥った場合でもゲームは開始されると語った。 コーツ氏は、日本の医療専門家がオリンピックに反対するよう助言したとしても、試合は続くだろうと語った。

「私たちが(世界保健機関)から受けたアドバイスと私たちが持っている他のすべての科学的および医学的アドバイスは、私たちが設定したすべての措置、私たちが取っているすべての措置は満足のいくものであり、健康の観点から安全性と安全なゲームを確保する」とコーツ氏は述べた。 「これは緊急事態の有無にかかわらず当てはまります。」

他のIOC関係者は、7月23日に開始する予定の大会を継続するかどうかを決定するために6月末の期限を以前に設定しました。 ゲームが開催されなかった場合、ゲームは延期されるのではなくキャンセルされます。 2020年。

日本の世論調査によると、住民は7月23日のオリンピックの開会に大きく反対している。 日本はほとんどワクチン接種を受けておらず、治療を受けているのは推定2%に過ぎません。

東京、大阪、その他のいくつかの都道府県は、現在、流行の増加により非常事態にあります。 緊急措置は5月31日に期限が切れる予定ですが、延長される可能性があります。

東京オリンピック・パラリンピックには、海外からの旅行者は参加しません。 東京の主催者は、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、日本の国や地方自治体とともに決定を下しました。

当局者は本日、オリンピックスタジアムへの入場を許可される日本にすでにいる観客の数について話し合うために4月に会合することを発表しました。

「ブルックリンナインナイン」:NBCは警察コメディフィナーレシーズンのプレミアの日付を設定します

外国人旅行者バーは、主催者が8月から始まるオリンピックの推定60万枚のチケットとパラリンピックの3万枚のチケットを返却しなければならないことを意味します。

東京の主催者は以前、780万枚のチケットが利用可能になると述べた。 報告によると、オリンピックのチケットの10%から20%が国際的な観客によって購入されています。 さらに、観光客の流入は、国内のホテルの部屋、レストラン、交通機関、その他のサービスの占有率を高めます。

READ  国際宇宙ステーションは、新しいロシアのユニットでエンジンの問題が発生した後、パニックを報告します