Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際保健規則の改正に関する作業部会の第 5 回会合 (2005 年)

国際保健規則の改正に関する作業部会の第 5 回会合 (2005 年)

2022 年、世界保健総会は、現行の国際保健規則 (2005 年) (IHR) の修正案を検討するプロセスを開始することに同意しました。 このプロセスは、国際保健規則改正作業部会(WGIHR)を通じてWHO加盟国が主導しており、IHRのパフォーマンスと新型コロナウイルス感染症流行下における世界の健康安全保障構造を調査したさまざまな検討委員会から学んだ教訓を活用している。パンデミック。

国際保健規則(2005年)改正作業部会(WGIHR)の第5回会合は、2023年10月2日から6日まで開催される。

2023年10月2日月曜日の9時30分(中央ヨーロッパ時間)に始まる開会本会議は、オンラインで公開中継されます。 作業部会の合意に従い、WHO加盟国、準加盟国、地域経済統合組織、および関連する利害関係者が参加できることになる。 このセッション中に、ワーキンググループは、これまでのワーキンググループの会議で検討され、セッション間のブリーフィングや促進された非公式協議で議論された以下のような資料の進捗状況を評価します。

  • 第 4 条 – 責任当局。
  • 第 5 条 – モニタリング (第 4 項および第 5 項の新たな提案)。
  • 第 9 条 – その他の報告。
  • 第 10 条 – 検証;
  • 第 18 条 – 勧告。
  • 第 48 条および第 49 条 – 緊急委員会。 そして
  • 付録 2 – イベントの評価と通知のための意思決定ツール。

また、加盟国に対し、第 8 条(日本)および第 11 条第 5 項(インドおよび米国)に関する最新情報を提供するよう求めます。 作業部会は、作業部会 IV の報告書に記載されている修正案も検討します (文書 A/WGIHR/4/5)公開セッションで、関連する利害関係者を招待して意見を提供してもらいます。

その後、作業部会は草案作成セッションを開催し、修正案を検討します。出席者は WHO 加盟国、準加盟国、地域経済統合組織に限定されます。 法王庁とリヒテンシュタインは国際保健規則の締約国であり、世界保健機関の加盟国ではない。 そしてパレスチナへのオブザーバー代表団。

作業部会 V の閉会本会議は、2023 年 10 月 6 日金曜日の午後に開催される予定で、オンラインで公開および中継されます。 このセッション中、グローバル人権グループは、12月7日から8日まで開催される第6回世界人権会議の会期中の活動と準備に関連した今後の進め方に関する提案について議論する。

ウェブキャスト

READ  マーカムの食べ放題レストランは検査後に有料となります