Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際原子力機関:日本は福島での放水計画を進めています

ベルリン(AP通信)-日本は来年、破壊された福島原子力発電所から放射性処理された廃水を放出する計画で「大きな進歩」を遂げている、と国連の国際原子力機関は金曜日に言った。

国際原子力機関の専門家チームが2月に工場を訪問し、オペレーター、東京電力持株会社、経済産業省の関係者と面会した。

国際原子力機関事務局長のラファエル・マリアーノ・グロッシは、次のように述べています。

日本は、国際原子力機関の支援を求めて、放出が国際安全基準を確実に満たすようにし、計画を厳しく批判している近隣諸国を安心させた。 グロッシ氏は、チームが「動員解除の前に結論を出す」ことができるように、エージェンシーの専門家は引き続き働き続けると述べた。

水は損傷したプラントの約1,000のタンクに貯蔵されており、施設を建設してシャットダウンできるように除去する必要があります。 タンク容量は今年後半に137万トンに達すると予想されています。

2011年の大地震と津波により、福島第一原子力発電所の冷却システムが破壊され、3基の原子炉が故障し、大量の放射線が放出されました。 放射性崩壊が続いている損傷した炉心を冷却するために事故以来使用された水は、大規模に漏れています。

READ  PNRクラーク-中央ルソンの経済回復を刺激するフェーズ2-