Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際通貨基金:日本経済はドイツに次ぐ世界第4位に転落するだろう

国際通貨基金:日本経済はドイツに次ぐ世界第4位に転落するだろう

ワシントン – 国際通貨基金は、ドイツが今年日本を追い抜き、世界第3位の経済大国になると予想している。

国際通貨基金は今月発表した世界経済見通し報告書で、日本の名目GDPが前年比0.2%減の4兆2300億ドル(630兆円)となる一方、ドイツのGDPは8.4%増の4兆4300億ドルになると予想した。

そうなると日本は世界第4位に浮上することになる。

最近の対ドルでの円安やドイツの日本に比べて高いインフレ率などが日本経済に影響を与えた要因の一つだが、日本の衰退は長年にわたる実質経済成長率の差の蓄積の結果でもあった。

名目GDPは各国が生み出す付加価値の合計であり、その国の経済規模を表します。 価格変動の影響を受けます。

ドルと比較すると、米国が世界第 1 位、第 2 位が中国です。

日本は1968年に西ドイツを追い抜き、世界第2位の経済大国となった。 しかし、2010年に中国が日本を追い抜いた。

1968年から半世紀以上を経て、ドイツが日本を追い越すと予想されている。

米国通貨に対する円安は、ドルベースで日本の名目GDPの減少を引き起こした。

昨年初め、日本の通貨は1ドル=110円台だった。

しかし、日米の金融政策の違いによる金利差の拡大により、今年6月以降は1ドル=140~150円の水準で推移している。

一方、ユーロは対ドルでは円ほど下落しなかった。

さらに、ドイツのCPIの年間上昇率は1月から8月まで6%から9%の範囲でした。

これは、最近の増加率が 3% 程度にとどまっている日本と比較して、この国の名目 GDP を増加させているようです。

しかし、物価の影響を除いた実質GDP成長率で比較しても、2000年から2022年までの単純平均でドイツは1.2%、日本は0.7%に過ぎない。

この順位の推移は、ドイツが生産性の伸びや技術革新などの経済力で長期的に日本を上回り続けていることを示唆している。

READ  VIVOTEK のリアルタイム AI クラウド コントロール ソリューションは、日本の商業施設の観光客の満足度を向上させます