Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際電気株は東京デビューで30%以上上昇

国際電気株は東京デビューで30%以上上昇

  • 国際電気は日立国際電気から独立し、2017年に米国のプライベートエクイティ会社KKRに22億ドルで買収された。
  • このIPOでは約5,880万株が売却され、総額1,080億円を調達し、コクサイのIPOの価値は約4,240億円となった。

このイラストでは、スマートフォンの画面に国際電気のロゴが表示されています。 (イメージイラスト: Pavlo Gonchar/SOPA Images/LightRocket、Getty Images)

そばの写真 | ロケットライト | ゲッティイメージズ

日本の半導体装置メーカー、国際電気の株価は水曜日、東京証券取引所で好調な値上がりを見せた。

株価は取引日中に1株当たり2,431円(16.22ドル)の高値を付け、株価を最大32%上回る水準となった。 定期購読料は1840円です。

このIPOでは約5,880万株が売却され、総額1,080億円を調達し、コクサイのIPOの価値は約4,240億円となった。

これは、2018年12月にソフトバンクが2兆4000億円で上場して以来、国内最大規模の上場となる。 ジャパンタイムズ紙によると。

Kokusai Electric は、日本の多国籍エレクトロニクス企業である日立の子会社である Hitachi Kokusai Electric の子会社です。 2018年に米国のプライベートエクイティ会社KKRに買収された 22億ドルで

しかし、調査会社ライトストリーム・リサーチの創設者、加藤美緒氏はCNBCの「ストリート・サイン・アジア」に対し、今回の値動きには「驚いた」と述べ、「10%程度の変動はおそらく妥当だった」と付け加えた。

同氏は、株価に対するカトー氏の全体的な見通しは「少々複雑だ」と述べ、過去の数字に基づくと株価は「非常に割安」であると指摘した。

同氏は、国際電気は半導体製造プロセスのニッチ市場を独占するライバルの東京エレクトロンやレーザーテックほどの競争力はないかもしれないと述べた。

全体として、KKRはこの取引でうまくいったようだ。 したがって、彼らがこのステータスを長期間維持しようとするかどうかについては議論があります。

加藤美緒

ライトストリーム研究

コクサイの事業部門は主にメモリチップを対象としており、加藤氏はメモリチップが「プレッシャーにさらされている」と考えている。

同氏は、人工知能などのアプリケーションでは、スマートフォンで使用されるメモリチップの代わりにロジックチップが使用されると述べた。

加藤氏は、スマートフォンの分野では新しいイノベーションはそれほど多くないと考えている。 そのため、スマートフォンの容量が停滞すると、全体的なメモリ容量の増加に圧力がかかります。

CNBC Pro が選んだ銘柄と投資トレンド:

「当社の全体的なエクスポージャーは理想的ではないと感じています。特に悪いわけではなく、技術と半導体が好調である限り、同社は恩恵を受けるはずですが、同業他社ほどの利益は得られない可能性があると感じています。」

加藤氏は、初期の活況にもかかわらず、中期的には株価に圧力がかかる可能性があると述べ、KKRにはIPO後もまだ約1億1000万株が残っており、180日間のロックアップ期間後に売却する可能性があることを強調した。 。 。

「全体的に見て、KKRはこの合意でうまくやっているようだ。そのため、KKRがその立場を長期間維持しようとするかどうかについては議論がある」と同氏は述べた。

「そうでない場合、6〜12か月後に検討を開始したときに、それが株価の下値圧力の原因となる可能性があります。」

READ  死の縮小:岐路に立つ日本の葬儀業界