Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

在日米軍、最後に汚染された消火システムを「永久化学物質」に置き換える

在日米軍、最後に汚染された消火システムを「永久化学物質」に置き換える

2018年5月12日、日本の南部諸州での海上試験中、空母ロナルド・レーガン上で水性フィルムを使用して泡を形成する船員たち。(ケネス・アベイト/米海軍)

東京 – 米陸軍は、沖縄にある3つの陸軍施設から、深刻な健康被害を引き起こす疑いのある「永遠の化学物質」である有毒なPFAS化合物を含む難燃性発泡フォームの除去に取り組んでいる。

燃料と潤滑剤が保管されているタンク農場である 3 つの施設は、泡システムが設置されている最後の日本国内の米軍施設の 1 つです。

日米通信のプレスリリースによると、防衛省は、日本のすべての海軍および海兵隊基地と、日本の主要4島のうち最大である本州のすべての陸軍基地および三沢空軍基地から消火泡を撤去した。木曜日の部隊。 。

彼らは、「古い AFFF」、つまり水性膜形成フォームを、PFAS の成分である化学物質である PFOS と PFOA を含まない新しい配合物に置き換えました。 在日米軍によれば、有毒な泡は除去された後、日本の認可された処理施設で焼却されたという。

在日米軍報道官トム・バーガー空軍少佐の金曜日の電子メールによると、東京西部の空輸拠点である横田空軍基地と沖縄の主要戦闘機基地である嘉手納空軍基地には依然として古いシステムが残っているという。

「プロセスは始まり、多くの進歩が見られた」と同氏は語った。 「まだ完全には完成していません。」

バーガー氏によると、これまでのところ交換プロセスには3年以上かかり、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって遅れているという。

在日米軍の発表によると、米国は間もなく、石油、油、潤滑油を保管する沖縄の3つの陸軍施設でPFAS発泡体の交換を開始する予定である。 工事は2024年度に完了する予定。

司令部はこれらの場所をシムワン、クワイ、ホワイトビーチのタンク農場に指定した。 在日米軍によると、システムはすでに停止されており、最終的には水ベースのシステムが泡に取って代わられるという。

アメリカ疾病予防管理センターによると、PFAS(人工ポリフルオロアルキル材料)は、熱、油、汚れ、グリース、水に耐性のあるコーティングや製品に使用されています。

米国環境保護庁によると、これらの物質への曝露によるがんやその他の健康への悪影響のリスクが増加することが研究で示されています。 米国最大手のメーカー3Mは12月20日、PFASの使用を2025年末までに廃止すると発表した。

日本の基地内およびその周辺海域でのPFASの発見は、しばしば日本当局と米軍との対立を引き起こす。 化学物質は軍事基地の廃水処理施設や、三沢空軍基地、厚木海軍航空施設、横田空軍基地、海兵隊普天間飛行場近くの地元の小川や地下水に発生した。

場合によっては、近くの米軍基地とPFAS化学物質で汚染された水との関連性が不確かであることもある。 他の場合には、ベースの漏れと直接関係があります。

2022年1月、三沢市の燃料補給された航空機シェルターのひび割れたパイプから、泡が以前保管されていた消火システムを通じて水が放出された。 空軍基地と日本の当局は、これ以上の措置は必要ないと納得するまで、基地の下水中にPFASが含まれていることを追跡した。

9月23日、NAF厚木基地での大雨により格納庫の制御パネルが故障し、PFASが基地内を流れる小さな川に流されたと、神奈川県の日本当局者が当時報告した。

当時の横須賀市当局によると、9月29日、横須賀海軍基地の工場排水から高濃度のPFOAが検出された。 海軍は5月にも下水基礎水中に高濃度の化学物質が検出された。

横須賀と厚木では、汚染が発見された後、海軍は有毒な消火泡とそれを含む一部の設備を撤去した。

2019年の普天間飛行場での流出事故を受け、海兵隊は2021年にPFASベースの消火泡を撤去した。

在日米軍司令部がある横田基地は「今後数年間で」有毒消火泡を撤去する計画だと基地報道官のダニー・ランゲル中尉が2月に星条旗に語った。

発表によると、自衛隊はまた、三沢、北厚木、広島南部の海兵隊岩国航空基地の施設でも有毒泡沫の交換を行っている。

READ  日本の芸能事務所スタートエンタテインメントの紹介