Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

地平線上のJR西日本新未来スマート駅

~~

日本のイノベーターは、コロナウイルスに取り組むための新しい技術を開発しています

車いす利用者が電車に乗り込み、現代の技術で自動化されたより便利な「スマート駅」に乗客を誘導するのを人間に頼っている日本の駅。

ハイテク駅の開発に取り組んでいるJR西日本は、再開発中の大阪駅の北側に、2023年春に地下鉄うめきた駅(大阪市北区)を開業する予定です。

駅側の調節可能なドア

新進気鋭の企業とのコラボレーション

同社は海外から技術と知識を持ち込み、「新未来工場」の創出を目指しています。

2018年、JR西日本は野心的な20年計画で技術ビジョンを発表しました。 このプロジェクトには、JR西日本グループ外の中小企業の協力が含まれており、その成果はすでに現れ始めています。

彼らが取り組んでいる機能の1つは、油圧機器と自動ドアを専門とする会社であるNabtescoとのコラボレーションの一環である、世界初の「フルスクリーンプラットフォームドア」です。

全画面の特徴は、障子のように車のドアの位置に合わせてドア部品が自由に動くことです。

「現在、固定式ホームドアは、車両の長さ、ドアの数、車の数が一致しないと使用できません。そのため、列車のグループが出入りする駅ではあまり使用されません。 JR Westのドアは、私たちのプラットフォームがこの問題を解決すると言っています。」

JR西日本に計画されている地下鉄梅北駅では、急行列車や普通列車、さらには他社の電車の購入も検討している。 これが、彼らがここにフルスクリーンのホームドアを導入することを計画している理由です。

ギャップを埋める

必然的に、プラットホームと電車の間にはギャップとレベルの違いがあります。 この問題を解決するために、西日本テクシアと長野県松本市に本拠を置く機械開発会社のコマツ精作書が、これらのギャップを解消する機械に取り組んでいます。

小松誠作書の提案は、関東経済産業省主催のロボット競技会に出場して選ばれたものです。

車椅子や乳母車への安全なアクセス。

ギャップクリアランス機構は、主にプラットフォームから伸びる可動プレートで構成されています。 列車が到着してドアが開くと、ボードは列車とプラットフォームの間のギャップを自動的にカバーします。

「車いす利用者は、電車の乗り降りの際に駅員の助けを借りなければなりませんでした。そのため、車いすやベビーカーに適したギャップクリアランス機構ができました」とJR西日本では説明しています。

駅構内の新スペース

鉄道会社はまた、駅内に快適な空間を提供するために、プロジェクションマッピングで大阪芸術大学と協力しています。

これらの機能を組み合わせることで、JR西日本は「新しい未来の駅」として地下鉄梅北駅を立ち上げることを望んでいます。

同社はまた、社内で開発した技術を社外で使用することも検討しています。

たとえば、券売機の故障を予測するAIモデルを開発しました。 その結果、JR西日本ではメンテナンスコストが約30%削減されました。

将来を見据えて、JR西日本は、他の鉄道会社が利用できるようにするために、条件ベースの保守技術の開発を目指しています。

高輪ゲートウェイ駅-JR東日本最新の東京駅

現在日本にあるスマートステーション

JR東日本には、日本国内のスマートステーションとして、埼玉新東新駅(さいたま市大宮区)と高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)があります。 関連している: キャッシュレスキオスク、AIガイド:JR高輪ゲート駅のオープニングに期待すること

これらの駅では、JR東日本が安全、清掃、消毒などのタスクを実行できる自律移動ロボットをテストしています。

JR山手線高輪ゲート駅のロボット

マストランスイノベーションジャパン2021

は何ですか: 鉄道技術の国際見本市

日付: 11月24日水曜日から11月26日金曜日10:00から17:00

場所: マクハリメサホール5-8

題名: 千葉県美浜区中瀬2-1

アクセス: 会場は東京エリアの空港からアクセスでき、JR慶應鉄道は東京駅からアクセスできます。 アクセスの詳細については、英語をご覧ください。 このリンクで

主催者: 産経新聞

スポンサー: 国土交通省、経済産業省、文部科学省、千葉県、千葉市など。

Mass-Trans Innovation Japan2021の公式ホームページをご覧ください。 ここ英語でここ日本語で

(読む サンケイシンボn日本語でのレポート このリンクで。)

著者:青山広美

READ  アメリカは世界経済をリードしています。 それが問題になるのはいつですか?