Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

地球に向かう途中で新たに発見された彗星は、間もなく肉眼で見えるようになるだろう

地球に向かう途中で新たに発見された彗星は、間もなく肉眼で見えるようになるだろう

空の目、みなさん:C/2023 A3彗星(土鎮山・アトラス)は、今後数か月以内に肉眼で見えるほど明るくなる可能性が高いです。 現在のみ表示されています 望遠鏡へ, しかし、それでも太陽からはかなりの距離にあります。 明るくなる時期が来ており、10月までに夜空で最も明るい惑星である金星と同じくらい明るくなる可能性があります。

太陽に最も近づくのは9月27日で、私たちの星からは5,860万キロメートル(3,640万マイル)離れています。 これは水星までの距離と同じくらいです。 そしてその数週間後の10月12日に彗星は周回します。 地球に最も近い通路、約7,060万キロメートル(4,390万マイル)離れています。

その時間帯に最大音量が発生する可能性があります。 いくつかの推定 これは、空にある 4 つを除くすべての星よりも明るいことを示しています。 もっと 楽観的な曲線 そのため、木星よりも明るく、金星よりもわずかに暗くなります。 それは非常に明るい彗星でしょう、そしてそれは 夕暮れ時に見える期待通りに輝き始めたら、とても癒される光景になります。

この彗星は 15 か月以上前に 2 つの天文台によって独立して発見されました。 まずは紫金山天文台(紫金山天文台)によるものですが、あまりにも暗すぎてその後の観測では失われてしまいました。 その後、南アフリカの小惑星衝突警報システム(ATLAS)によって再び発見されました。 発見後、2022年12月の古いメモから発見された。

READ  統合失調症に関する洞察: 脳による言葉の検索は動物の採餌パターンを反映している