Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

地震による円安とテクノロジーの重荷により、2024年の東京株式市場はまちまちで始まる

地震による円安とテクノロジーの重荷により、2024年の東京株式市場はまちまちで始まる

2024年最初の取引日となった木曜日、東京株式市場はまちまちとなった。日本中部で発生した大地震を受けて輸出業者が円安で追い風を受ける一方、米国株に追随してハイテク株が売られたためだ。

日経225株価平均は金曜日から175.88ポイント(0.53%)下落し、33,288.29ポイントとなった。 総合的なTopix指数は12.40ポイント(0.52%)上昇して2,378.79ポイントで終了した。

日本の金融市場は年末年始のため月曜から水曜まで休場だった。

第一級主要市場シェアでは、海運株、石油・石炭製品株が上昇率を主導した。 下落率が大きかったのは電気機器や精密機器銘柄だった。

元旦に中部日本海地方を襲った大地震で、東京証券取引所で行われた式典で被災者に黙祷を捧げる鈴木俊一財務相(右から3人目)ら。 1月4日。 2024年の最初の取引日を迎える(共同通信)

月曜日に能登半島とその周辺地域を震撼させた強い地震により、日銀が政策金利を変更する可能性が低下したことを根拠に円が売られ、東京市場では米ドルが一時143円台後半まで上昇した。金銭的なスタンス。 一部のアナリストは、1月会合では金融政策が緩和すぎたとの見方を示した。

午後5時時点では、ドルは143.37─39円で売られていた(水曜午後5時時点のニューヨーク市場は143.25─35円)。

ユーロは1.0937─0938ドル、156.81─85円で、水曜午後のニューヨーク市場の対ユーロ相場は1.0918─0928ドル、156.41─51円だった。

10年日本国債利回りは金曜日終値と同じ0.615%で取引を終えた。

12月の政策決定会合の議事要旨で利下げ開始時期についてほとんど示唆がなかったことから、米連邦準備理事会(FRB)が間もなく利下げするのではないかとの期待が低い中、債券が売られた一方、日銀が金利引き下げに動かないとの見方を背景に買いが入った。 … 2019 年の現在の金融政策。1 月。

金利上昇を背景に米国株が下落したことを受けて参加者がハイテク株を売却したため、主要な日経平均株価が2%以上下落して取引が始まった後、午後の東京株式市場は反発した。

強い地震の影響に対する懸念も指数に影響を与えたが、投資家が押し目買いをしたほか、円安を受けて輸出企業関連株が値上がりしたため、指数は下落幅を縮小した。

三井住友DSアセットマネジメントのチーフマーケットストラテジスト、市川正博氏は「円安が自動車メーカーや機械メーカーの買い戻しを促し、日経平均急落後の米先物上昇で投資家が安心した」と述べた。

ハイテク株では半導体検査装置メーカーのアドバンテストが182円(3.8%)安の4615円、東京エレクトロンも1250円(4.9%)安の2万4005円となった。

自動車輸出大手のトヨタ自動車は44.5円(1.7%)高の2635.0円、ホンダは円安で海外送金で増益の可能性が高まったことから31.0円(2.1%)高の1497.0円となった。利益。

他では、日本航空は、火曜日に東京の羽田空港の滑走路で海上保安庁の航空機と衝突し、同社の航空機の1機が炎上したことを受けて、取引初日を21.5円(0.8%)高の2,796.5円で終えた。

アナリストらは、事故から乗客と乗務員全員の生存を保証した航空会社の安全手順に投資家が安心したため、当初は激しい売りがあったにもかかわらず、同社が買いを集めたと述べた。


関連報道:

日本への投資の波を刺激するために新たなNISAプログラムが開始されました

東京証券取引所に上場する時価総額10兆円の企業数は2023年に倍増

注目:円高の逆風にもかかわらず、東京株式市場は2024年に新高値を更新


READ  イースト・アングリアの新しい航空救急車は「命を救うのに役立つ」