Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

地震の生存者は水のない不衛生な環境に直面している

地震の生存者は水のない不衛生な環境に直面している

極度の寒さも、特に家が破壊され車の中で寝ている多くの地元住民にとっては別の問題である 画像提供:ロイター

1か月前、日本の西海岸沖でマグニチュード7.6の地震が発生し、230人が死亡した。 4万4000戸の家屋が全壊・半壊し、さらに4万戸が断水した。 石川県政府は、1万3000人以上の住民が避難所で生活していると発表した。

生存者は凍結と不衛生な状況に直面しており、何万もの家が断水している。 遠く離れた能登半島の一部の地域では、さらに2カ月間断水が続く可能性があると政府が発表した。

厳しい寒さも、特に家が破壊され、車の中で寝ている多くの地元住民にとっては、もう一つの問題である。 この一帯ではここ1週間で大雪が降り、当局は土砂災害警報を発令した。

1995 年の阪神淡路大震災の後、公衆衛生の専門家は、インフルエンザの蔓延と避難所での不十分な医療が原因で 900 人以上が死亡したと推定しました。

石川県当局は木曜日、避難者にインフルエンザの予防接種を行う予定だ。

(代理店からの情報提供あり)

公開日: 2024 年 1 月 31 日 17:24:40 (IST)

READ  GEは日本にハリケーンに強い海上タービンの設置を推進